テクニカル指標入門 第1章 トレンド追従型のテクニカル指標 ボリンジャー・バンド

テクニカル テクニカル指標入門 連載


1980年代前半にジョン・ボリンジャー氏により考案。移動平均線に変動幅を考慮した指標です。非常に見やすくポピュラーな指標のひとつです。

ボリンジャー・バンド(BB)は、移動平均線の上下にボラティリティ(変動幅)を考慮したバンド(線)を引いたものです。バンドは移動平均線からその期間の標準偏差(株価の散らばりの度合:σ=シグマ)を加えることで計算します。

簡単にまとめてしまうと、相場が統計学的な“正常値”のバンド内に収まっているかどうかを見るための指標と言うことができます。

具体的には、株価がバンドの上限まで上昇すると、統計学的には、修正される傾向にあるというものです。そのバンド幅は相場の値動きの大きさ(ボラティリティ・変動幅)を要素に組み入れているところが特徴です。そのことからトレンドの転換点を判断する指標として、用いられるのが一般的です。

BBは、5本の線で表されます。真ん中の移動平均線を挟むようにして、上下に「+σ」と「-σ」が引かれ、その外側にそれぞれの「σ」の値を2倍にした「+2σ」と「-2σ」が引かれます。「σ」はギリシャ文字のシグマで、標準偏差を意味します。ボラティリティを考慮しているので、値動きが激しいとバンドの幅が広がり、小さいとバンドの幅も狭くなります。

BBは、株価がバンドに接近、到達したときを売買サインと読み取ります。一般的に、+σから-σに価格が収まる確率は68%、+2σから-2σの間に収まる確率は95%とされています。

しかし、価格が急激に変動した場合、バンドの上限や下限に価格が張り付いてしまい、逆張りの売買ポイントとして「ダマシ」となることもあります。逆に言うと、バンドを抜けた場合は、相場の変化と捉え、上抜ける急騰は「買い」、下抜ける急落は「売り」と考えることもできます。

バリンジャーバンドの特徴

戻る