特報 9日の大引けストップ高は27銘柄 五輪関連が多数だが材料不明も

特報 連載


帝国ホテル(9708) 週足

帝国ホテル(9708) 週足

五輪招致が決まって最初の取引日だった9月9日、五輪関連株が軒並み急騰した。ただ、ザラ場でストップ高を付けた銘柄は96銘柄もあったのに、取引終了まで高値で貼り付いた銘柄は27銘柄しかなかった。

その取引終了まで高値で貼り付いた銘柄が別表の27銘柄だ。

いかにも五輪関連銘柄と思われるものもあるが、ほとんど関係なさそうな銘柄も混在している。

まずは保守本流の帝国ホテル(9708・2部)。前週末比で19.2%の上昇だ。

9月末で2倍分割が予定されているので、表の予想PERは分割前の予想EPSで計算してある。藤田観光も11%の上昇で、海外からの宿泊客の増加を見込んだ人気だが、帝国ホテルの予想PERはすでに56倍。実績PBRも2.8倍と高水準。ホテルはキャパが決まっており、五輪だけのためにむやみに増築して客室数を増やすわけにはいかないので、成長余力には限度がある。

これに対し、これもまた本命の建設関連は、今後公共工事、民間工事含めて需要の急拡大が見込める。何しろ7年後なのですぐに受注増が見込めるわけではないが、割安な銘柄なら成長余力を見込んで仕込んでおく価値はあるということだろう。

東急建設(1720)はやっとPBRが1倍を超えてきたところだし、鉄建(1815)はまだ1倍未満。ただ予想PERが74倍と既に高水準。予想PERは予想EPSを会社側が低く見積もっていると異常値が出てしまうので、会社側の予想EPSの妥当性を突っ込んで検証する必要がある。

解体用建機のオカダアイヨン(6294・2部)もまだPBRは0.6倍と低水準だし、予想PERも7.9倍と低い。

建設用の接着剤で化ける可能性があるセメダイン(4999・2部)も、予想PER、実績PBRともに低水準。

セメントのデイ・シイ(5234)、鋼材関連の日本冶金工業(5480)東北特殊鋼(5484・JQ)がいずれもまだ割安圏内にある。

五輪との関係がよく分からないのがスギHD(7649)と、SHO-BI(7819)、それに麺類中心の外食チェーン・サガミチェーン(9900)

五輪とは全く関係がなさそうなのがエイティング(3785・東マ)。1カ月前の8月6日の終値は1,268円だったのに、1カ月間で3倍以上になった。8月9日に2013年9月期決算の業績予想の上方修正を出し、従来3億円だった営業利益を4億1,600万円に、従来2億2,900万円だった純益予想を2億7,500万円に引き上げている。

ただ、株価が上がりだしたのはこの時点ではなく8月28日以降。売買高も日に日に増えているが、何を材料に上昇しているのかはよく分からない。

いずれにしても五輪はまだ7年も先。市場はなんだかんだ言っても冷静だというところだろう。

9月9日のストップ高銘柄一覧
証券コード 社名 終値(円) 業種 予想PER(倍) 実績PBR(倍)
1408 サムシングHD 875 地盤改良工事 15.8 2.7
1720 東急建設 320 建設 22.8 1.1
1815 鉄建 190 鉄道道路建設 74.2 0.9
1978 アタカ大機 682 環境保全 35.2 1.4
2269 明治HD 5,340 食品・医薬品 23.8 1.3
2337 いちごグループHD 482 不動産ファンド運営 72.2 0.0
2469 ヒビノ 1,389 音響設備販売 19.5 1.7
2483 翻訳センター 4,255 翻訳 29.9 2.9
3785 エイティング 4,400 ゲームソフト開発 83.1 14.2
3799 キーウェア 1,754 システム開発 28.1 2.6
3854 アイル 2,399 システム開発 66.3 5.8
4694 BML 3,130 臨床検査 16.6 1.3
4999 セメダイン 430 接着剤 11.2 0.7
5234 デイ・シイ 441 セメント製造 18.9 0.8
5480 日本冶金工業 242 ステンレス鋼板製造 37.5 1.2
5484 東北特殊鋼 1,330 ステンレス鋼板製造 10.0 0.6
6294 オカダイヨン 494 解体用建機 7.9 0.6
6666 リバーエレテック 382 電子部品製造 33.7 0.9
7649 スギHD 4,145 調剤薬局 23.2 2.5
7819 SHO-BI 449 化粧品・雑貨製造 14.0 1.1
8078 阪和興業 460 鉄鋼商社 12.7 0.8
9110 NSユナイテッド海運 204 海運 7.8 0.9
9625 セレスポ 387 スポーツイベント企画 15.7 0.6
9708 帝国ホテル 4,355 ホテル 56.2 2.8
9728 日本管財 1,740 ビル管理 10.9 1.1
9810 日鐵商事 333 鋼材商社 6.6 0.8
9900 サガミチェーン 898 外食チェーン 48.2 2.2
著者紹介 伊藤 歩(いとう あゆみ)
ノンバンク、外資系金融機関など複数の企業で融資、不良債権回収、金融商品の販売を手掛けた経験を持つ金融ジャーナリスト。主な著書に「TOB阻止 完全対応マニュアル」(財界展望新社刊)
戻る