連載

西華産業(8061) 名門企業が攻めの経営に

平野憲一の相場表街道/裏街道 連載

平野 憲一氏

西華産業(8061)は発電関連機器と一般産業機器を主力とする三菱系機械商社。以前より三菱重工の火力発電設備の納入とその後のメンテナンスで、安定的な収益を上げてきた。

続きを読む>>

特報 揺れるオプトロム監理銘柄に

特報

3月9日夕刻、オプトロム(7824・名証セントレックス)が、今期末での債務超過解消をかけた資金調達計画とともに、過去に実施した第三者割当増資における引受先が、反社会的勢力との関係が疑われることを承知しながら、その事実を秘していたことを明かにした。

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.79 キュレーションサービス

竹中三佳の株Catch one's eye

竹中三佳さん

最近、何を調べるにもスマートフォン(スマホ)を利用するようになり、手軽で便利になった半面、ネックとなるのが膨大な情報量。例えば「ネイルを春仕様に変えたい」と「ネイル 春」と検索すると269万件もの情報がヒットします。

続きを読む>>

Eストアー(4304) 差別化戦略は結実期へ

平野憲一の相場表街道/裏街道 連載

平野 憲一氏

Eストアー(4304・JQ)の石村賢一社長とは、第15期事業報告書の中で、筆者がインタビュアーになって、過ぎた2013年3月期の業績内容と、14年3月期の取り組みと業績見通しを聞いている。

続きを読む>>

特報 大塚家具の御家騒動 関心高まる3月27日株主総会

特報 連載

このところ大塚家具(8186)の創業家一族の経営権争いが白熱、テレビが熱心に報道している。
お金持ちが骨肉の争いを演じているとなったら、「話題性」は倍増するからだろうが、もしも娘の久美子氏があれだけの美ぼうを兼ね備えた才女ではなかったら、ここまでテレビは飛びつかなかったに違いない。

続きを読む>>

本間裕 相場の醍醐味 歴史的な大天井

本間裕 相場の醍醐味 連載

1月20日の「日本10年国債の0.195%」という金利は、人類史上における「最も低い記録」だった可能性が高まっている。そして、このことは、「国債バブルの大天井」を意味しており、現在では、既に、バブルの崩壊が始まっているものと思われる。

続きを読む>>

深堀健二の兜町法律放談 取締役の関連当事者取引「シード事件」【後編】

兜町法律放談 連載

当社A取締役は、80%ないし100%の株を保有し前代表を務めていたZ社に、当社からコンタクトレンズおよびケア用品(以下「本商品」といいます)を仕入れさせ、学生時代の後輩でZ社の後任社長に据えたQが1円出資で設立したY社を通じて、インターネット通販業者C社を含む販売先に対して販売した。

続きを読む>>

取材の現場から 的中!ホンダ社長交代 新社長はホンダでは珍しいゼネラリスト

取材の現場から 連載

ホンダ(7267) 週足

2月9日付の本欄で、ホンダ(7267)の社長交代の可能性に触れたが、23日に正式に伊東孝伸社長は退任を表明した。退任の理由は「品質問題」。具体的には日米でのリコール問題だ。今回の人事では、“腹心”として伊東社長を支えてきた野中俊彦取締役も退任し、ホンダエンジニアリング社長として転出することになった。引責辞任と言って間違いない。

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.78 タクシー呼出

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

竹中三佳さん

2月18日よりファミリーマート(8028)と日本交通は、試験的に都内のファミリーマート20店舗を乗り場とするタクシー呼出サービスを開始しました。店舗に設置された専用タブレット端末の「タクシーを注文する」ボタンを押すだけで、配車可能なタクシーを自動探索し、タクシーの到着予定時間と車両ナンバーを知らせてくれます。

続きを読む>>

立会外分売 その2 上昇しやすい分売株の“条件”とは?

JACK流「勝利の方程式」 連載

今回は、立会外分売において、どのような銘柄の株価が上昇しやすいのかという点について解説したいと思います。
まず注目するところは予定株数です。

続きを読む>>

1 / 6912345...102030...最後 »