dgst

TOPIX先物手口に異変 海外長期資金出動か【日本証券新聞 3月2日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月2日

・ソニー5連騰 「4000円目標」の声
・国内機関投資家の買い余力に関心 出遅れ内需株に活躍期待
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.78 タクシー呼出
・ネクソン 戻りに弾み 新作ゲーム過去最多に

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は小幅続伸。週末・月末要因から利食い売りに押される場面も、底堅い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,797.94円の12.15円高、TOPIXは1,523.85の2.17ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は699、値下がり銘柄数は1,079。出来高は27億2,046万株、売買代金は3兆69億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) エムスリー、モジュレ、ティーライフ、セレス、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社など

個別

■オリックス(8591) 1,698円〔+75円、+4.59%〕
 「ふるさと優待」を開始へ
■日本通運(9062) 667円〔-6円、-0.89%〕
 バークレイズが投資判断を引き下げ
■エイチ・アイ・エス(9603) 4,000円〔-25円、-0.62%〕
 第1四半期決算を発表

続きを読む>>

来期の大幅増益予想銘柄に照準

セクター 個別

今3月期の第3四半期決算もほぼ終了し、上場企業の売上高は対前年同期比で5.1%増、経常利益も7.0%増を確保した。特に製造業は経常利益で2ケタの伸びを達成するなど、総じて堅調に推移した。為替の円安進行などが利益を押し上げた格好だ。

続きを読む>>

エムケイシステム(3910) 3月17日、JASDAQに新規上場。社会保険など支援ソフト提供

IPO 会社紹介 個別

同社は、東芝情報機器の営業マンだった三宅登社長が3年半程度の独立準備期間を経て、1989年2月に設立。当初、商工業者団体向けシステムを販売していたが、約650団体に対する納入実績が350件に達し、シェア5割を超えてきたため、新たな成長分野を求め、ウィンドウズアプリなどの開発や、社会保険労務士(社労士)事務所向けなど販売先開拓を進め、順調に業容を拡大してきた。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本駐車場開発、ファンドクリエーショングループ、ネクソン、アクロディアなど

個別

■新明和工業(7224) 1,287円〔+59円、+4.80%〕
 救難飛行艇がインドに輸出されるとの報道が刺激に
■リョーサン(8140) 3,090円〔+285円、+10.16%〕
 増配、自社株買い
■フジトミ(8740) 349円〔+80円、+29.74%〕
 HIGH ENDの株式取得

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は小幅続伸スタート、1月の鉱工業生産が予想を上回ったことを好感

概況

日経平均 週足

9時11分時点の日経平均は18,848.09円の62.30円高、TOPIXは1,526.73の5.05ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,410万株、買いは2,010万株。

続きを読む>>

2月26日の米国株式市場は、高安まちまち。NYダウ 0.06%安、ナスダック 0.42%高、S&P500 0.15%安

概況

NYダウ 週足

ダウがやや冴えず反落となったものの、ナスダックがシッカリした展開で反発。原油価格の下落でエネルギー関連株が売られたことが重しに。

続きを読む>>

特報 ライツオファリング発行規制の効果てきめん

特報 連載

ライツ・オファリングの実施事例

2月16日からサイバーステップ(3810・東マ)の新株予約権の取引が始まった。最終売買日は4月3日だ。
昨年秋、債務超過会社と2期連続の経常赤字会社はライツオファリングの発行が出来ないという規制が入ったわけだが、その効果はてきめん、発行は激減。今年は1月13日公表のサイバーステップ以降に事例はない。

続きを読む>>

明日の材料 日本工営、シミックホールディングス、日本駐車場開発、エムスリーなど

個別

■十六銀行(8356):通期業績予想を上方修正、第1種優先株式の取得・消却
■西武ホールディングス(9024):「西武グループ中期事業計画(2015~2017年度)」策定
■南海電気鉄道(9044):新中期経営計画の骨子策定、期末配当予想を5円→6円へ引き上げ

続きを読む>>