dgst

個別銘柄動向(午後) 比較.com、サッポロドラッグストアー、ファーマフーズ、コスモス薬品、ツルハホールディングスなど

個別

■TASAKI(7968) 1,665円〔+153円、+10.12%〕
 平成26年10月期決算を発表
■三谷産業(8285) 376円〔+16円、+4.44%〕
 株主優待制度を拡充
■SEH&I(9478) 208円〔+4円、+1.96%〕
 ギミックアクションゲーム「Dokuro」、Steam版の販売開始

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch ones`eyeスペシャル enish 安徳孝平代表取締役社長インタビュー【前編】

インタビュー 竹中三佳の株Catch one's eye 連載

東証マザーズへの新規上場(2012年12月11日)から2年、東証1部指定(13年12月13日)から1年が経過したenish(3667)。浮沈の激しいソーシャルアプリ・ゲーム業界にあって、安徳孝平社長は事業戦略の再構築に着手している。竹中三佳さんがenishの魅力と特徴、そして今後の展開について安徳孝平社長に単独インタビューした模様を2回に分けて紹介する。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 各社各様、個別材料株にシフト

個別 概況

三井化学(4183) 週足

日経平均は1万7,000円の大台を下回ることなく反発、12日のメジャーSQ(特別清算指数)算出を経て、相場は落ち着きを取り戻してきた。年内も残りあと10営業日余り、ここから恒例の年末高に期待したい。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日揮、ペッパーフードサービス、大阪工機、エイチームなど

個別

■パナソニック(6752) 1,446円〔-17円、-1.16%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き下げ
■日本航空(9201) 3,775円〔-110円、-2.83%〕
 UBSが投資判断を引き下げ
■加藤産業(9869) 2,163円〔-89円、-3.95%〕
 野村証券が投資判斷を引き下げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場はほぼ全面安、欧米株安と衆院選がポジティブサプライズとはならず。保険や鉄鋼、輸送用機器、非鉄、ゴムなどが安い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,070.60円の300.98円安、TOPIXは1,379.33の20.32ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,520万株、買いは830万株。

続きを読む>>

12月12日の米国株式市場は、大幅反落。NYダウ 1.79%安、ナスダック 1.16%安、S&P500 1.62%安

概況

NYダウ 週足

終日冴えない展開が続き安値引けで、大幅反落。原油価格や冴えない中国指標から世界経済への警戒感が広がるかたちに。

続きを読む>>

「株を枕に」年を越せるか? トレンド判定加えて実績アップ

IPO 夕凪所長のイベント投資100% 連載

年末まで、あとわずかとなった。新年になれば年次の成績はゼロからのスタートである。緊張感を持って始めることになる。できることならスタートダッシュを決めたいところである。年初からいきなり大幅プラスの状態で始めることができれば、その後の取引に対して精神的に余裕を持つことができる。

続きを読む>>

明日の材料 ベルグアース、太洋基礎工業、フルスピード、日本ハム、アマナ、ウェルネットなど

個別

■ファースト住建(8917):平成26年10月期決算を発表、今27年10月期は4.2%増収、3.4%営業増益を計画
■東京ドーム(9681):第3四半期決算を発表、前年同期比2.0%減収、10.6%営業減益
■船井総研ホールディングス(9757):100万株の自己株式を消却

続きを読む>>

2015年展望レポート続々 日経平均予想 2万3370円VS1万7800円【日本証券新聞 12月15日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月15日

・大成建が高値更新建設株買われる
・SQ後は恒例の年末高へ 直近13年「11勝2敗」
・IPO初値 クラウドワークス 公募比73%高発進 弁護士ドットコムは3.1倍高
・「資産移転」関連に注目 教育資金に続き、結婚・出産・育児、住宅など

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は4日ぶりに反発。米小売売上高が予想を上回り米国株上昇、円安も好感。ただ、上値も重い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,371.58円の114.18円高、TOPIXは1,399.65の2.61ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は786、値下がり銘柄数は934。出来高は31億644万株、売買代金は3兆6,314億円。

続きを読む>>