dgst

概況/寄付き 日経平均は続落、欧米株安が意識。SUMCOは公募増資で大幅安

概況

日経平均 日足

9時14分時点の日経平均は18,658.22円の156.94円安、TOPIXは1,513.89の12.94ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,660万株、買いは800万株。

続きを読む>>

3月3日の米国株式市場は、反落。NYダウ 0.47%安、ナスダック 0.56%安、S&P500 0.45%安

概況

寄付きから冴えない展開が続き反落。高値圏にある株価水準が意識され、ひとまず利益を確定する動きが優勢に。イスラエルのネタニヤフ首相が議会演説を行い、地政学的リスクが意識された面も。

続きを読む>>

本間裕 相場の醍醐味 歴史的な大天井

本間裕 相場の醍醐味 連載

1月20日の「日本10年国債の0.195%」という金利は、人類史上における「最も低い記録」だった可能性が高まっている。そして、このことは、「国債バブルの大天井」を意味しており、現在では、既に、バブルの崩壊が始まっているものと思われる。

続きを読む>>

明日の材料 スリープログループ、新日本科学、綜合臨床ホールディングス、ベクター、SUMCOなど

個別

■ユナイテッドアローズ(7606):2月度の全社売上高は前期比106.7%、小売+ネット通販既存店は104.6%
■エムティーアイ(9438):東証1部または2部へ市場変更、記念配当2円、新株発行、株式売出し
■ラックランド(9612):ToSTNeT-3にて13万株を上限に自社株買い

続きを読む>>

一時、3週ぶり「1ドル=120円」乗せ 円安メリット株に”選別の視点”【日本証券新聞 3月4日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月4日

・川重 造船でも鉄道でも 実質”青天井”相場へ
・中国全人代開幕へ 「5・8・13日」に注目
・平野憲一の相場表街道/裏街道 Eストアー
・やまびこ、新展開入り「米国比率」は5割

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は高安まちまち、過熱感が警戒されたが、先高期待も根強い。銀行株は小幅安で、医薬品株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,815.16円の11.72円安、TOPIXは1,526.83の1.86ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は672、値下がり銘柄数は1,058。出来高は23億1,592万株、売買代金は2兆4,180億円。

続きを読む>>

深堀健二の兜町法律放談 取締役の関連当事者取引「シード事件」【後編】

兜町法律放談 連載

当社A取締役は、80%ないし100%の株を保有し前代表を務めていたZ社に、当社からコンタクトレンズおよびケア用品(以下「本商品」といいます)を仕入れさせ、学生時代の後輩でZ社の後任社長に据えたQが1円出資で設立したY社を通じて、インターネット通販業者C社を含む販売先に対して販売した。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 日経平均株価 過熱警戒水準に

テクニカル 概況

日経平均 日足

日経平均株価は5日移動平均線(1万8,647円、2月27日現在)をサポートに「押し目待ちの押し目なし」の格言通りの相場展開が続いている。一方、一目均衡表では2月27日の抵抗帯(雲)のねじれが生じるタイミングを通過した。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ラクーン、ワイエスフード、SDエンターテイメント、クニミネ工業など

個別

■サイゼリヤ(7581) 2,227円〔+110円、+5.20%〕
 2月度の既存店売上高は前年比107.2%
■ピジョン(7956) 8,830円〔+760円、+9.42%〕
 平成27年1月期決算を発表
■AOI Pro(9607) 854円〔+31円、+3.77%〕
 増配、自社株買いを発表

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は続伸スタートも、過熱警戒から上値抑制。海運、医薬品、不動産は高いが、鉄鋼や鉱業、情報通信などは冴えない

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は18,870.25円の43.37円高、TOPIXは1,528.49の3.52ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,640万株、買いは1,690万株。

続きを読む>>