dgst

ROE向上への特効薬 「リキャップCB」実施候補は【日本証券新聞 1月29日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月29日

・菊池製作所 急動意 マッスルスーツ量産ライン稼働
・日経平均は続伸 新高値、201銘柄
・2015年バイオ株展望 キーワードは「現実の利益」「グローバル力」
・カシオ 高値抜け目前 業績上ブレ、増配を期待

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は続伸。欧米株安から寄付き売られたものの、その後は持ち直す。原油安メリットの運輸関連が続伸

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,795.73円の27.43円高、TOPIXは1,429.92の3.54ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,237、値下がり銘柄数は505。出来高は23億1,264万株、売買代金は2兆3,023億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日本海洋掘削、キューブシステム、ブロンコビリー、菊池製作所、テクノスジャパンなど

個別

■スリー・ディー・マトリックス(7777) 2,015円〔+136円、+7.24%〕
 子会社がMITとライセンス契約
■キヤノンマーケティングジャパン(8060) 2,070円〔+90円、+4.55%〕
 平成26年12月期決算を発表
■中国電力(9504) 1,619円〔+105円、+6.94%〕
 通期利益予想を引き上げ

続きを読む>>

ALBERT(3906) 2月19日、マザーズに新規上場。ビッグデータ解析から戦略立案まで

IPO 会社紹介 個別

「分析力をコア」とするデータサイエンティスト集団。顧客企業が保有するさまざまなデータを解析し、顧客企業の問題解決を支援するための2種類のサービスを提供する。

続きを読む>>

ファーストロジック(6037) 2月18日、マザーズに新規上場。不動産投資サイト運営最大手

IPO 会社紹介 個別

国内最大の不動産ポータルサイト「楽待」を運営する同社は2005年設立から、今年8月で10周年となる。06年3月から、「楽待」サービスを開始。その後もサービス内容の拡充を進め、順調な拡大をたどってきた。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 いすゞ自動車、日本触媒、オリエンタルランド

テクニカル 個別

いすゞ自動車(7202) 月足

1990年代の高値からの調整は2007年7月高値1,440円を上回った時点で確定的なものとなった。09年3月安値176円は02年安値を切り上げるかたちで上昇を続けており、一目均衡表では基準線をサポートに次の上昇波につながる踊り場を形成している。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 九電工、ディー・ディー・エス、科研製薬、石井工作研究所など

個別

■いすゞ自動車(7202) 1,568円〔+53円、+3.46%〕
 メリルリンチが投資判断を引き上げ
■興研(7963) 1,713円〔+73円、+4.45%〕
 銅系抗菌剤「イマディーズ」を開発
■イー・ギャランティ(8771) 1,770円〔+72円、+4.24%〕
 二桁増益報道

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は反落スタート、欧米株安を受けて広範囲に値下がり。機械、証券、銀行、不動産、輸送用機器が安い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は17,683.65円の84.65円安、TOPIXは1,419.74の6.64ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,200万株、買いは560万株。

続きを読む>>

1月27日の米国株式市場は、大幅反落。NYダウ 1.65%安、ナスダック 1.89%安、S&P500 1.34%安

概況

NYダウ 週足

寄付きから売り優勢で大幅反落。この日発表された12月の耐久財受注が予想を下回ったほか、マイクロソフトやキャタピラー、P&Gの決算等も嫌気される展開。

続きを読む>>

取材の現場から 相続税増税の副産物 「遺言信託」ビジネスに群がる信託銀行

取材の現場から 連載

みずほ(8411) 週足

1月から相続税が増税。国は、団塊世代が持つ遺産で歳入不足を賄おうとしているのだろう。野村資本研究所の調査によれば、2030年までに相続資産額は少なくとも1,000兆円はあるという。これを狙って信託銀行は、「暦年贈与信託」など相続税節税サービスに力を入れている。

続きを読む>>