dgst

「第2の青山商事」を探す 中期計画で読む株主還元強化候補【日本証券新聞 2月2日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月2日

・日銀ETFで”新記録” 官製相場に懸念の向きも
・サイバーエージ S高 好業績確認
・フォスター 高値更新 増額、配当引き上げ好感
・飛島建設 上方修正で反発 建設株人気の復活読む

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発も、大引けにかけて伸び悩み。好決算と株主還元に対する物色意欲は旺盛

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,674.39円の68.17円高、TOPIXは1,415.07の1.49ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,177、値下がり銘柄数は561。出来高は26億7,363万株、売買代金は2兆7,545億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ブイキューブ、デジタルガレージ、アルプス電気、アドバンテストなど

個別

■第一中央汽船(9132) 50円〔-14円、-21.88%〕
 下方修正を発表
■NTTドコモ(9437) 2,030円〔+53円、+2.66%〕
 第3四半期決算を発表
■王将フードサービス(9936) 4,650円〔+445円、+10.58%〕
 総還元性向100%を目標に

続きを読む>>

材料点検 アクトコール 大手不動産と連携「空き家」対策に期待

個別

アクトコール(6064) 週足

流動性に乏しいこともあって、株価は乱高下を繰り返す習性があるが、22日に開催した決算説明会では今11月期の収益急回復予想とともに、新規事業についても方針が示された。

続きを読む>>

菓子3社が高値追い 「海外で稼ぐ力」を評価

セクター 個別

森永製菓(2201) 週足

食品株の強調が続く中、29日は森永製菓(2201)、グリコ(2206)、カルビー(2229)の菓子メーカー3社がそろって高値を更新した。森永製菓は2006年2月以来、9年ぶりの高値水準、グリコは上場来の高値。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ダイセキ環境ソリューション、北陸電気工事、MonotaRO、BEENOS、野村総合研究所など

個別

■フォスター電機(6794) 2,255円〔+248円、+12.36%〕
 上方修正、増配を発表
■エクセディ(7278) 2,637円〔-264円、-9.10%〕
 増収・減益決算。野村証券では格下げ
■ソフトバンク(9984) 6,964円〔-242円、-3.36%〕
 決算を背景に出資先アリババが米市場で売られたことが嫌気

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は反発、米国株高を好感。保険、証券が高い

概況

日経平均 週足

9時13分時点の日経平均は17,769.56円の163.34円高、TOPIXは1,426.68の13.10ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,600万株、買いは1,670万株。

続きを読む>>

1月29日の米国株式市場は、反発。NYダウ 1.31%高、ナスダック 0.98%高、S&P500 0.95%高

概況

NYダウ 週足

朝方やや売られる場面も見られたものの、その後は堅調推移で高値引け。原油価格の反発や企業決算等が支援材料に。

続きを読む>>

明日の材料 南海辰村建設、パナホーム、関電工、ヤマト、MonotaRO、東京建物不動産販売など

個別

■東京ドーム(9681):通期業績予想を上方修正
■SCSK(9719):第3四半期決算を発表、前年同期比4.2%増収、14.8%営業増益
■ミスミグループ本社(9962):第3四半期決算を発表、前年同期比19.2%増収、27.1%営業増益

続きを読む>>

2015年バイオ株展望 いちよし経済研究所 山崎清一首席研究員

セクター 個別

山崎清一首席研究員

大手製薬のリストラに象徴される製薬を取り巻く環境変化を底流に、中堅製薬や創薬系バイオベンチャーに関心を寄せる機関投資家が増えてきている。
昨年、バイオベンチャー主要株で構成するバイオインデックスは、日経平均に対し久々にアンダーパフォームしたが、これは円安による輸出株の上昇とiPS関連の反動安が要因。

続きを読む>>