dgst

個別銘柄動向(午前) 東京建物不動産販売、BEENOS、SUMCO、ネクソン、CRI・ミドルウェアなど

個別

■日本電子材料(6855) 755円〔+100円、+15.27%〕
 いちよし経済研究所がレーティングを引き上げ
■OBARA GROUP(6877) 6,350円〔+720円、+12.79%〕
 第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■SCREENホールデイングス(7735) 767円〔+25円、+3.37%〕
 メリルリンチが投資判断を引き上げ

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は小幅安スタート、118円台となった円高が影響。自動車は一服

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は17,921.19円の58.53円安、TOPIXは1,449.35の0.04ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,100万株、買いは1,020万株。

続きを読む>>

2月12日の米国株式市場は、上昇。NYダウ 0.62%高、ナスダック 1.18%高、S&P500 0.96%高

概況

NYダウ 週足

寄付きから堅調な展開が続き上昇、ナスダックは3日続伸。1月の小売売上高が予想を下回ったものの、ウクライナの停戦合意や企業決算が支援材料に。

続きを読む>>

本間裕 相場の醍醐味 禍福は相織りなす

本間裕 相場の醍醐味 連載

還暦の歳を迎え、自分の人生を振り返ると、実に、さまざまな思いが去来するが、特に感じることが、「失敗こそが宝物だった」ということである。具体的には、私の人生で、最も衝撃的な事件が、「1987年のブラックマンデー」だったが、この時には、「世界が終わりを告げるのではないか?」というほどの緊張感が、世界的に広がったのである。

続きを読む>>

明日の材料 飛島建設、日本工営、ネクスト、UTホールディングス、比較.com、すかいらーくなど

個別

■ラオックス(8202):平成26年12月期決算を発表、今27年12月期は39.5%増収、162.1%営業増益を計画
■KADOKAWA・DWANGO(9468):第1四半期決算、新たな株主優待制度を導入
■セコム(9735):第3四半期決算、株主優待制度を導入

続きを読む>>

大量保有報告書で読む機関投資家動向 ブラックロック 「日本株買い」継続【日本証券新聞 2月13日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月13日

・NISAの日、決算最終日… 成績良好「13日の金曜日」
・今年IPO第1号 KeePer技研 49%高発進
・日経平均、8年ぶり高値 一時1万8000円 トヨタ、三菱UFJなど上放れ
・「株式分割」にわかにラッシュ 値がさ株見直しの切り口

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は大幅上昇、120円台の円安を好感。日経平均は一時18,000円台乗せ、TOPIXは4連騰

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,979.72円の327.04円高、TOPIXは1,449.39の21.67ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,258、値下がり銘柄数は497。出来高は27億7,325万株、売買代金は3兆1,600億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 熊谷組、伊藤ハム、フルッタフルッタ、ラクオリア創薬、大和工業など

個別

■伊藤忠商事(8001) 1,268円〔-21円、-1.59%〕
 大和証券が投資判断を引き下げ
■岩谷産業(8088) 746円〔-30円、-3.87%〕
 14時に第3四半期決算、下方修正を発表
■損保ジャパン日本興亜ホールデ(8630) 3,408円〔+83円、+2.50%〕
 ゴールドマン・サックスが目標株価を引き上げ

続きを読む>>

日本精密(7771) 成長織り込む展開へ

個別 平野憲一の相場表街道/裏街道 連載

日本精密(7771) 週足

金属時計バンドと部品のトップメーカー、日本精密(7771・JQ)は1月30日に平成27年3月期第3四半期決算を発表したが、営業利益が通期予想の半分にも満たない進捗(しんちょく)率だったため、利益確定に押されている。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 ソニー、JSR、三菱UFJフィナンシャル・グループ

個別

三菱UFJ(8306) 月足

10年3月に付けた戻り高値3,645円が視野に入ってきた。信用売り残と買い残はきっ抗しており、取組妙味の高さは魅力だ。一方、RSI(12カ月)は過熱圏入りとなり、短期的には10年3月高値を前に押し目形成の場面が想定される。

続きを読む>>