千利休のローソク足分析 チャートの謎を解く クックパッド(2193)

テクニカル 個別


クックパッド(2913) 週足

クックパッド(2913) 週足

2010年の8月高値2,480円を上回り、上場直後に付けた高値3,258円(分割修正後)が視野に入ってきた。急騰と急落を経緯しながらも、そのレンジの中値水準以上を維持する動きが続いている。転換線が基準線を上回っていることや、遅行線も抵抗帯(雲)を上抜けており状態は良好だ。戻り売りの強い価格帯が続くものの、当面の動きとしてイメージできるのは、下値1,400円処、上値2,450円処としたレンジが一段上に積み重なる値動き。RSI(13週)はまだもみ合いから抜け出せない状態ではあるが、73%前後の水準を超えてくると、同時に株価が勢い付いてくると思われる。

上値メドは12年1月安値1,500円-同年4月高値2,424円までの上げ幅924円を、4月高値からさらに上げた3,348円となる。09年8月高値3,258円を上回る試算値となるが、こういった値動を経緯した株にありがちなのは、上場時の高値を超えたあともさらに上昇が続くパターンである。09年8月高値をクリアしたあとの上値メドは、高値形成後に急落した下げ幅1,778円を倍切り戻す波動に発展していく可能性はあるとみられる。

戻る