個別銘柄動向(午後) ジャパンフーズ、パナIS、花王、ゲンキー、ダイハツ工業など

個別


■大成建設(1801) 384円〔-9円、-2.29%〕
 野村証券では国立競技場の建て替えで有力視

■ジャパンフーズ(2599) 1,385円〔-133円、-8.76%〕
 13時に発表された決算からマイナス圏へ

■ゲンキー(2772) 2,105円〔+86円、+4.26%〕
 平成25年6月期決算を発表、今期は7.9%増収、61.7%営業増益を計画

■信越化学工業(4063) 6,590円〔-330円、-4.77%〕
 第1四半期決算、未公表であった業績予想を発表

■日立化成(4217) 1,710円〔+80円、+4.91%〕
 第1四半期決算、上方修正を発表

■パナIS(4283) 2,420円〔+82円、+3.51%〕
 お昼休み中に第1四半期決算を発表

■花王(4452) 3,150円〔-80円、-2.48%〕
 子会社カネボウの美白化粧品問題が引き続き重しに

■カイノス(4556) 600円〔+26円、+4.53%〕
 お昼休み中に発表した決算から後場上げ幅拡大

■OBC(4733) 6,620円〔+140円、+2.16%〕
 第1四半期決算を発表、三菱UFJモルガン・スタンレー証券では「Neutral」継続

■大同特殊鋼(5471) 592円〔-11円、-1.82%〕
 第1四半期決算、上方修正を発表。野村証券では「Neutral」を据え置き

■ディスコ(6146) 5,980円〔+50円、+0.84%〕
 第1四半期の売上速報値を公表、クレディ・スイスでは「OUTPERFORM」継続

■KOA(6999) 1,042円〔+39円、+3.89%〕
 第1四半期決算を発表、大幅増益となる第2四半期計画を公表

■ダイハツ工業(7262) 2,200円〔+126円、+6.08%〕
 第1四半期決算、単元株式数の変更(1,000株→100株)を発表

■マクニカ(7631) 2,630円〔+330円、+14.35%〕
 14時に発表した上方修正から急騰

※株価は14時31分現在

戻る