ニーズ高まる「経路検索アプリ」 行楽・帰省シーズンには必要不可欠

セクター 個別


ゼンリン(9474) 週足

ゼンリン(9474) 週足

8月のお盆休みシーズンが間近に迫り、旅行などの行楽や帰省に向けた動きが活発化してくる。

近年、旅行など目的地への移動に欠く事ができないツールとなっているのが経路検索アプリだ。出発地と目的地を入力するだけで交通機関と乗り換え場所、所用時間や料金などが瞬時に表示されるもので、スマートフォン(スマホ)やタブレット端末の普及から利用者が拡大している。

首都圏や関西など大都市圏では、複数の交通機関が複雑に入り混じり、目的地へ短時間で効率良く移動する上で、経路検索アプリは必要不可欠な存在になっている。特に近年では、端末の位置情報を利用して、現在地付近の最寄り駅を検索できるなど機能が充実しており、利用者をさらに増加させる要因になっている。

 

駅探(3646) 週足

駅探(3646) 週足

駅探(3646・東マ)は、ネットやアプリを使った電車、バスなどの経路検索サービス「駅探」を運営している。

ジョルダン(3710・JQ)は、目的地までの経路探索アプリ「乗換案内」をモバイルや法人向けで展開している。

ヤフー(4689)は、全国の路線やバス、航空券の乗り換え案内「Yahoo!路線情報」を展開している。

ゼンリン(9474)は、業界トップの地図情報のノウハウを活かした「いつもNAVI」を展開。車ルートや電車徒歩ルートなどさまざまな移動手段を網羅している。

戻る