時価総額順位  ソフトバンクは昨年末12位→3位 内需健闘、中国関連不振

個別 概況


ソフトバンク(9984) 週足

ソフトバンク(9984) 週足

17日時点で時価総額3位に浮上して話題を呼んだソフトバンク(9984)は、18日も一時410円高(6.6%高)まで買われるなど上げ足を速め、4位・JTとの差をさらに広げた。時価総額で、なお3倍い大差のある、首位のトヨタ自動車はともかくとして、2位・三菱UFJまでなら、あと2割強に迫っている。ソフトバンクは17日で、昨年末からの株価倍増を果たしてきた。今後、同社が約3割出資する、話題の中国・電子商取引最大手・アリババ集団株式上場の正式発表や、買収先の米国携帯電話大手・スプリント再建の進展などが顕在化すれば、一気に2位に駆け上がっても不思議のないところか。

通信業界に地殻変動

時価総額順位
銘柄 コード 昨年末順位
1 トヨタ 7203 1
2 三菱UFJ 8306 2
3 ソフトバンク 9984 12
4 JT 2914 5
5 ホンダ 7267 3
6 NTT 9432 6
7 三井住友 8316 8
8 NTTドコモ 9437 4
9 みずほ 8411 10
10 日産自 7201 11
11 KDDI 9433 15
12 キヤノン 7751 7
13 デンソー 6902 17
14 菱地所 8802 14
15 ファーストリテ 9983 20
16 武田 4502 13
17 ファナック 6954 9
18 7&iHD 3382 23
19 JR東日本 9020 22
20 日立 6501 18

さて、そのソフトバンク、昨年末の時価総額順位を見ると、まだ12位にとどまっていた。昨年末と17日のベストテンを比較すると、同じ順位を保ったのは、前述の1、2位の他は6位のNTTだけ。未曾有のアベノミクス相場を経ただけに、上位陣の顔触れにも大きな変化が生じているようだ。表は、上位20銘柄の昨年末順位を見たもの。まず目に付くのは、通信業界の地殻変動。ソフトバンクが12位から3位、KDDIも15位から11位に浮上する一方で、“旧盟主”ドコモは4位から8位に凋落(ちょうらく)している。

総じて好調だったのは内需勝ち組銘柄で、ファーストリテが20位から15位、セブン&アイが23位から18位、JR東日本も22位から18位にランクアップした。表から漏れたが、ソフトバンク系のヤフーも32位から22位に向上。またメガバンク勢では、三菱UFJが2位をキープ。三井住友と、みずほFGが順位を1つずつ上げ、野村HDも26位から21位となるなど、やはり内需優位の傾向を裏付ける格好となった。

これに対し、一部自動車関係を除くと、輸出関連全般は退潮傾向にあり、キヤノンは7位から12位に後退。とりわけ不振だったのが中国関連で、ファナックが9位から17位に、コマツは24位から32位に後退した。ファナックは、同じ日経平均採用値がさ株であるソフトバンクやファーストリテが健闘する中で、低迷ぶりが浮き彫りとなっている。

時価総額順位は、今夏のTOPIX・コア30銘柄入れ替えの基準でもあるだけに(コア30は浮動株時価総額が対象)、ソフトバンク2位浮上の可否とともに、今後の動向が注目されてきそうだ。

戻る