話題銘柄をテクニカルで斬る ニプロ(8086) 仕手株ではないが、押し目なし

テクニカル 個別


ニプロ(8086)の月足は、2012年7月の安値434円を起点に値上がりし、まるでスカイロケットだ。日足ではなく、月足チャートなのに仕手株のように急騰している。13年6月に入り12カ月線とのプラス乖離率は実に100%を超えた。チャートの教科書なら50%を超えたら売りサインだが、その売りサインがダマシとなった驚異的な値上がり。チャートの教科書では説明困難と見える値上がりで、底値から3倍になった。今から売りか。あるいは、企業そのものの変貌(へんぼう)を月足が示したのか不明だ。様子見。素人近寄るべからず。

 

ニプロ(8086) 月足

ニプロ(8086) 月足

戻る