話題銘柄をテクニカルで斬る インタースペース(2122) 6月が続落か反転からの分水嶺

テクニカル 個別


インタースペース(2122)の月足は、2006年9月の高値3,150円から09年1月の安値120円まで下落。この下げ幅の38.2%(黄金分割)戻しを13年3月にようやく達成。かなり値戻しに時間を要した。しかしながら、この高値圏で十字線、だき線、かぶせ線が示現に相場転換のシグナルを出した。すなわち13年5月に大陰線で下落し、6月も株価は軟調である。その反面、11年5月の高値695円をネックラインとして下げ止まる気配もある。630円前後で打診買い。目標値は下げ幅の3分の1戻しの1,130円。

Iスペース(2122) 月足

Iスペース(2122) 月足

戻る