世界最大のゲーム見本市「E3」の開催迫る 次世代機の詳細に関心

セクター 個別


世界最大のゲーム見本市「E3(Electronic Entertainment Expo)」が日本時間の6月11-13日に米国ロサンゼルスのコンベンションセンターで開催される。大手ゲームメーカー各社は毎年、E3で何らかの発表を行っているが、特に今年は年末のクリスマス商戦へ向けて新型ゲーム機に絡む発表が実施されることが有力で、ゲーム関連銘柄が再度注目できそうだ。

ここ数年は、スマートフォン(スマホ)向けのソーシャルゲームの存在感が高まる中で、ゲーム専用機が劣勢に立たされている状況にあり、大手各社は新型ゲーム機で一気に巻き返しを図りたい意欲がある。

6月11日の開催日前日である10日にはプレスカンファレンスが予定されており、米・マイクロソフト社は「Xbox360」の後継機、ソニー(6758)も2月の「PlayStation Meeting 2013」にて公表した「プレイステーション4」(PS4)の詳細を発表することが有力視されている。PS4に関しては、本体のデザインや価格が現時点で明らかにされていないことから、値ごろ感ある価格設定となれば、普及への期待が高まりそうだ。

「Wii U」の販売増を図りたい任天堂(7974)は、プレスカンファレンスへの参加を見送っている。しかし、その代わりに米国向けに焦点を絞った小規模なイベントを開催する予定で、ソフト戦略が明確となれば、今期からの回復期待が高まりそうだ。

ソフトメーカーでは、海外向けでも人気シリーズを有しているカプコン(9697)コナミ(9766)も注目される。

戻る