北浜流一郎 人気株発掘 アーク(7873) 経営再建が順調に進展中

個別 北浜流一郎 人気株発掘 連載


アーク(7873) 週足

アーク(7873) 週足

正直、こんなに上がって良いものだろうかと思わないでもない。身体が寒暖の変化に、なかなか慣れないのと同様、東京市場の連騰にも慣れにくい。

私ばかりではないようで、「このまま付いていってよいものでしょうか」。こんな質問をよく受ける。

もう10年くらいこんなワクワク感のある相場とは無縁になっているので、これはやむを得ない。

しかしこの相場、簡単に終わるものではない。日本が国策を大転換したのだ。その効果は数年に及んで当然。目先少々上がったくらいで天井などということは、まず考えられない。

では、どこまで上がるのか。こういうことになろうが、具体的な数値が大事なのではない。上昇トレンドが続くかどうか。

この点が大事であり、少なくとも2年は続くとみてよく、ここは日経平均が1万5,000円を抜けるとか、1万8,000円には届くだろう。2万円も、と想定するより、ともかく、この「株高列車」にしっかり乗る。これを最優先したい。

例年、連休前や連休の谷間には株を売っておこう。こう提言するのだが、今回は、それも考えなくてよい。ただただ「株高列車」をうまく乗りこなす。これだけを考え、実行したい。

で、注目したいのはアーク(7873)だ。

なんだ、そんな会社あるか?

こういう方もおられるだろうが、金型技術を生かし自動車や家電の試作品を手掛ける会社だ。

一時は快進撃を続けていたが、積極的な海外展開が裏目に出て経営危機に陥り、今は企業再生支援機構の下で経営再建中だ。

残念ながら、まだ完全に再生に成功するところまでは行っていない。しかし、次第に立ち直りつつあるため、株はそろそろ投資しておきたい状況にある。いまは日本経済・東京市場再生を買う相場でもあるため、4月23日に363円の高値を付けた後、調整中の今は狙いどころだ。

戻る