明日の材料 MCS、JP、ダイドードリンコ、タカラバイオ、カンダHDなど

個別


■ルーデン(1400):第三者割当増資により約9,000万円を調達
■サンテック(1960):46億円のコミットメントライン契約を締結
■ヒビノ(2469):エィティスリーの子会社化、ライブハウス事業開始を発表
■MCS(2494):三光ソフランが1株294,000円で公開買付け
■ダイドードリンコ(2590):平成25年1月期決算を発表、今26年1月期は前期比 7.0%増収、0.8%営業増益を計画
■大戸屋(2705):公募増資などで14.7億円を調達、発行済株式数は最大で23.8%増加
■JT(2914):118百万株、2,500億円の自己株式を取得、ToSTNeT-3にて
■エイティング(3785):20万株の立会外分売を実施
■アイル(3854):第2四半期業績予想の修正、売上高は2,522→2,507百万円へ、営業利益は46→62百万円へ
■T&K TOKA(4636):東証1部への指定承認
■タカラバイオ(4974):HSV-TK遺伝子治療の新薬臨床試験開始届を韓国食品医薬品安全庁へ提出
■日本精工(6471):独禁法違反により3.8億円の罰金刑
■エレコム(6750):東証1部への所属が確定
■FPG(7148):第2四半期末に5円の東証1部上場記念配当を実施すると発表
■武蔵精密(7220):貸借銘柄に選定されたことを発表
■大和(8247):通期業績予想の修正を発表、売上高は52,000→50,800百万円へ、営業利益は420→550百万円へ
■第四銀行(8324):発行済株式総数の0.97%にあたる3,536千株の自己株式を消却
■北國銀行(8363):発行済株式総数の3.05%にあたる1,000万株の自己株式消却を発表
■東海東京FHD(8616):単元株式数を1,000株→100株、期末配当予想を12円に、株主優待制度の導入を発表
■カンダHD(9059):単元株式数を1,000株→100株に変更

※本日15時以降に発表された企業のリリース情報の抜粋です。

戻る