個別銘柄動向(午前) 東洋建設、東京一番フーズ、オプティム、ナノキャリアなど 

個別


■東洋建設(1890) 538円〔-58円、-9.73%〕
 公募増資等による資金調達が嫌気
■東京一番フーズ(3067) 575円〔+37円、+6.88%〕
 創業20周年の特別記念優待
■オプティム(3694) 25,100円〔+890円、+3.68%〕
 1対4の株式分割を発表
■ナノキャリア(4571) 1,317円〔+68円、+5.44%〕
 中外製薬との共同研究契約、上方修正も
■オリエンタルランド(4661) 31,735円〔+1,875円、+6.28%〕
 1対4の株式分割、長期優待制度も
■コーセー(4922) 5,880円〔+130円、+2.26%〕
 クレディ・スイスが新規「OUTPERFORM」
■日立建機(6305) 2,209円〔-54円、-2.39%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き下げ
■SANKYO(6417) 4,510円〔-290円、-6.04%〕
 下方修正を発表
■ホシザキ電機(6465) 6,900円〔+160円、+2.37%〕
 野村証券が目標株価を引き上げ
■ダイヘン(6622) 620円〔+24円、+4.03%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を引き上げ
■テラプローブ(6627) ストップ高買い気配
 世界最小の顔認証モジュールを開発・販売
■C&Gシステムズ (6633) 595円〔+77円、+14.86%〕
 自社株買いが好感
■近鉄エクスプレス(9375) 5,090円〔+200円、+4.09%〕
 UBSが目標株価を引き上げ
■アインファーマシーズ(9627) 4,650円〔+445円、+10.58%〕
 第3四半期決算、株主優待制度を導入

※株価は11時41分現在

戻る