個別銘柄動向(午後) 日本海洋掘削、キューブシステム、ブロンコビリー、菊池製作所、テクノスジャパンなど

個別


■日本海洋掘削(1606) 4,420円〔+155円、+3.63%〕
 「ちきゅう」による新規掘削工事を受注
■キューブシステム(2335) 586円〔+34円、+6.16%〕
 第3四半期決算、自社株買いを発表
■ブロンコビリー(3091) 3,875円〔+120円、+3.20%〕
 岩井コスモ証券では新規「B+」
■菊池製作所(3444) 2,039円〔+84円、+4.30%〕
 「マッスルスーツ」の量産ライン稼働開始
■テクノスジャパン(3666) 1,147円〔+150円、+15.05%〕
 人工知能製品「scorobo」の販売開始
■VOYAGE GROUP(3688) 2,389円〔+154円、+6.89%〕
 第1四半期決算、通期業績予想を上方修正
■ロックオン(3690) 3,385円〔+100円、+3.04%〕
 「TVメタデータ連携」をアドエビスに搭載
■アクロディア(3823) 765円〔+100円、+15.04%〕
 韓国子会社とブライニクルが戦略的パートナーシップ
■日本製紙(3863) 1,820円〔+68円、+3.88%〕
 値上げによる採算改善期待
■総合メディカル(4775) 5,750円〔-270円、-4.49%〕
 野村証券が投資判断を引き下げ
■東燃ゼネラル石油(5012) 1,051円〔-4円、-0.38%〕
 通期利益予想を下方修正
■SMK(6798) 502円〔+46円、+10.09%〕
 上方修正、配当予想を引き上げ
■スリー・ディー・マトリックス(7777) 2,015円〔+136円、+7.24%〕
 子会社がMITとライセンス契約
■キヤノンマーケティングジャパン(8060) 2,070円〔+90円、+4.55%〕
 平成26年12月期決算を発表
■中国電力(9504) 1,619円〔+105円、+6.94%〕
 通期利益予想を引き上げ

※株価は14時37分現在

戻る