中国およびアジアへの販路拡大目指す 【大森屋(2917)】

PR 個別 株主優待


大森屋(2917)

「海苔(のり)の大森屋」としての高いブランド力を持ち、のり製品専門から総合食品企業を目指している。取扱商品はふりかけ、お茶漬け、スープ類へと広がっている。海苔の消費枚数の約60%を占めるコンビニエンスストアのおにぎり用など業務用海苔分野については、新規先の獲得に注力中だ。また、中国上海市に現地法人を設立し、中国およびアジア地区での販路拡大を計画している。今9月期営業・経常利益は前期比並みの計画でスタートしているが、原料のりの市況価格が安定傾向にあることはプラス材料。

株主優待は年2回で、9月3000円相当、3月2000円相当の自社製品提供。

株主優待
権利確定月 3月末、9月末
内容 ■1,000株以上保有の株主を対象に自社製品を贈呈

 ・3月末 2,000円相当
 ・9月末 3,000円相当

戻る