個別銘柄動向(午後) パソナグループ、ネクステージ、三協立山、日本サード・パーティなど

個別


■パソナグループ(2168) 572円〔+24円、+4.38%〕
 第2四半期利益予想を上方修正
■ネクステージ(3186) 608円〔+100円、+19.69%〕
 大幅増益見通しに加え、自社株買いも
■三協立山(5932) 2,101円〔-95円、-4.33%〕
 下方修正を発表
■日本サード・パーティ(2488) ストップ高買い気配
 アルデバランロボティクス社とヒューマノイドロボット「NAO」の販売代理店契約を締結
■第一三共(4568) 1,595円〔-97円、-5.70%〕
 抗凝固剤の承認も、使用制限が重しに
■伊藤園(2593) 2,124円〔+4円、+0.19%〕
 東海東京調査センターがレーティングを引き下げ
■乃村工藝社(9716) 1,013円〔+78円、+8.34%〕
 第3四半期決算を発表
■オンコセラピー・サイエンス(4564) 440円〔-95円、-17.76%〕
 扶桑薬品や大塚製薬との契約終了で
■ファーマライズホールディングス(2796) 532円〔+24円、+4.72%〕
 上方修正を発表
■キユーソー流通システム(9369) 1,447円〔+50円、+3.58%〕
 平成26年11月期決算、自社株買いを発表
■日本プラスト(7291) 1,046円〔-114円、-9.83%〕
 自己株式の処分で需給悪化を警戒
■ヨンドシーホールディングス(8008) 1,723円〔-87円、-4.81%〕
 いちよし経済研究所がレーティングを引き下げ
■ブロッコリー(2706) 1,067円〔-56円、-4.99%〕
 二桁の減益となる第3四半期決算を発表

※株価は14時35分現在

戻る