開発力に優れた環境エンジニアリング企業【アタカ大機(1978)】

PR 個別 株主優待


アタカ大機(1978)

汚泥再生・上下水処理を中心とした水処理事業を展開する環境プラント・エンジニアリング企業。海水電解装置も主力で、国内外の発電所、造水プラント向けに多数の実績。筆頭株主は日立造船。技術力の高さから官公需に強く、研究開発分野も幅広い。日立造船、住友電工と小型・低消費電力の電解型バラスト水処理装置を共同開発すると発表し、同装置開発を目的とした「エコマリン技術研究組合」を設立した。放射能除染技術の開発も推進しており、放射性セシウムを含んだごみ焼却飛灰を処理する技術の開発が株式マーケットでも注目されている。

株主優待は9月末と3月末の年2回、3kg相当のお米券の進呈。

株主優待
権利確定月 3月末、9月末
内容 1,000株以上所有の株主にお米券(3kg)を贈呈
お米券(3kg)
戻る