サイジニア(6031) 12月19日、マザーズに新規上場。「パーソナライズ」軸に展開

IPO 会社紹介 個別


「パーソナライズ」という切り口で、顧客のインターネット上のマーケティング活動支援事業を手掛けるサイジニア(6031)が19日、東証マザーズに新規上場する。

そもそも、インターネットの人気アプリケーションである検索エンジンが登場したのは、創業者の吉井信伸一郎社長が文部科学省・日本学術振興会の研究者として、複雑系やロボット工学を研究していたころ。ところが同氏は、検索ボックスに入力可能な知っている言葉でしか探せない検索エンジンに限界を感じ、機械学習やニュートラルネットワーク、進化型計算理論などを適用すれば、より最適な情報を得られる仕組みが作られるのではないかと考え、レコメンデーションシステムのプロトタイプを開発。その際の研究メンバーを中心に2005年にサイジニア有限会社を設立した。技術力や創造力に重きを置いており、「サイエンス+エンジニアリング」が社名の由来だ。07年4月、株式会社に改組し、パーソナル・エンジン「デクワス」各種サービスを開始。順調な業容拡大をたどってきた。なお、「デクワス」とは、人々が本当に求める情報(アイテムやサービス)と“出くわす”体験を提供するためのハブという意味から名付けられた。

主要顧客に、京セラコミュニケーションシステム、リクルート住まいカンパニー、ニッセン、楽天などの有力企業を抱えている点も強み。

概 要
事業内容 EC(電子商取引)事業者および小売業向けのパーソナライズ・エンジン「デクワス」を利用したインターネットマーケティング支援サービスを提供
本社 東京都品川区大井 1-24-2
代表者 吉井伸一郎
設立 2005年8月
上場前資本金 3億8,846万1,000円
発行済株式数(上場時) 196万6,097株
筆頭株主 DCM V,L.P.(上場前 33.51%)
公募株式数 258,500株
売出株式数 136,000株(オーバーアロットメント 59,100株)
初値 5,780円(2.3倍)
公開価格 2,560円(12/11)
ブックビル仮条件 2,280~2,560円(12/3)
ブックビル期間 12月4日~12月10日
引受証券 SMBC日興(主幹事)、SBI、マネックス、いちよし、東海東京、岩井コスモ、エース、SMBCフレンド
業績推移
売上高 経常利益 1株利益 配当
2013/6 275百万円 △19百万円 △12.18円 -円
2014/6 555百万円 △97百万円 △60.43円 -円
2015/6(予想) 1,042百万円 87百万円 43.98円 -円

 

戻る