綿半ホールディング(3199) 12月24日、東証2部に新規上場。長野地盤にホームセンターや建設事業を展開

IPO 会社紹介 個別


綿半ホールディングス(3199)が24日、東証2部に新規上場する。

同社グループは当社および連結子会社4社で構成。(1)ホームセンター事業は100%子会社の「綿半ホームエイド」が担当。長野県に15店、愛知県に1店の計16店を展開している。業態別ではスーパーセンターが8店、ホームセンターも8店。スーパーセンターとは、ホームセンターで取り扱う商品に加えて、生鮮食品や日配品など生活必需品を幅広く取りそろえているのが特徴だ。(2)建設事業は同じく「綿半鋼機」と「綿半テクノス」が担当。内外装工事、自走式立体駐車場建設、土木緑化工事などの専門工事や建築・土木資材販売など多岐にわたる。(3)貿易事業担当は「ミツバ貿易」で、医薬品原料や化成品原料および宝飾品の輸入販売など。そのほか、不動産賃貸も行っている。

部門別では、ホームセンター事業が消費増税前の駆け込み需要が寄与し、前期売上高は483億円(前々期比5.2%増)、セグメント利益は10億円(同4.4%増)。建設事業は同334億円(同3.3%減)、セグメント利益は7億円(同4.4%減)、貿易事業は同33億円(同15%増)、セグメント利益は3億円(同19.9%減)などとなっている。

なお、公募増資に伴う手取り資金は全額をホームセンターの出店資金に充当する予定。具体的には長野県安曇野市と塩尻市に生鮮食品までを扱うスーパーセンターの出店を予定している。

概 要
事業内容 ホームセンター事業、建設事業、貿易事業
本社 長野県飯田市北方1023番地
代表者 野原莞爾
設立 1949年2月
上場前資本金 4億3,000万円
発行済株式数(上場時) 950万株
筆頭株主 野原莞爾(上場前 14.82%)
公募株式数 1,400,000株
売出株式数 1,000,000株(オーバーアロットメント 361,500株)
初値 680円(6.3%高)
公開価格 640円(12/11)
ブックビル仮条件 540~640円(12/2)
ブックビル期間 12月4日~12月10日
引受証券 みずほ(主幹事)、八十二、野村、いちよし、SBI、三菱UFJモルガン、東海東京、岡三、極東、エース、水戸
業績推移
売上高 経常利益 1株利益 配当
2013/3 83,665百万円 1,017百万円 92円 15円
2014/3 85,374百万円 1,378百万円 118円 15円
2015/3(予想) 84,113百万円 1,108百万円 147円 15円

 

戻る