メタウォーター(9551) 12月19日、東証に新規上場。水処理事業を総合的に展開

IPO 会社紹介 個別


水処理分野の各種プラントの設計、施工、管理などを手掛けるメタウォーター(9551)が19日、東証(所属部未定、1部に決定)に新規上場する。

同社の筆頭株主である日本ガイシと富士電機システムズは2007年4月、それぞれの水環境部門を吸収分割して、「NGK水環境システムズ」と「富士電機水環境システムズ」に承継。08年4月に、前社を存続会社とする合併を行い、同社が発足した。翌09年2月には、子会社を通じて横浜市水道局と川井浄水場再整備事業の事業契約を締結するなど、順調に業容を拡大してきた。昨年1月は米国現地法人、メタウォーターUSAインクも設立するなど、海外事業の拡大にも力を注いでいる。

同社は子会社15社、関連会社9社とグループを構成。浄水場・下水処理場、ごみ処理・リサイクル施設の機械・電気設備の設計、建設に関わる「プラントエンジニアリング事業」と、これら設備の補修、保守、点検、および運転管理等の各種サービスを提供する「サービスソリューション事業」が同社二本柱だ。

機械と電気の両技術を得意とする前身2社が統合したことで、世界的にもユニークな機電融合技術や商品開発力などが強み。「水資源の循環を作り出すための最適解提供」を目指して、エンジニアリングからサービスまでのトータルソリューションを推進している。

概 要
事業内容 浄水場・下水処理場の各種プラントの設計、施工監理、維持管理(運転管理、水質管理、保守・点検)など
本社 東京都千代田区神田須田町 1-25
代表者 木田友康
設立 2008年4月
上場前資本金 75億円
発行済株式数(上場時) 2,500万株
筆頭株主 日本ガイシ、富士電機(上場前 各37.50%)
公募株式数 5,000,000株
売出株式数 5,000,000株(オーバーアロットメント 1,500,000株)
初値 2,256円(6.0%安)
公開価格 2,400円(12/10)
ブックビル仮条件 2,400~2,550円(12/2)
ブックビル期間 12月3日~12月9日
引受証券 野村(主幹事)、みずほ、三菱UFJモルガン
業績推移
売上高 経常利益 1株利益 配当
2013/3 112,303百万円 8,599百万円 258.61円 95円
2014/3 105,490百万円 8,030百万円 214.91円 85.1円
2015/3(予想) 106,900百万円 7,800百万円 263.32円 未定

 

戻る