フルッタフルッタ(2586) 12月17日、マザーズに新規上場。マゾンフルーツの輸入販売

IPO 会社紹介 個別


フルッタフルッタ(2586)が12月17日、マザーズに新規上場する。

同社は日系人が経営するアマゾン最大規模の農協「CAMTA」(ブラジル連邦共和国パラ州)の日本総代理店として、栄養価が高く“天然のサプリメント”といわれる「アサイー」をはじめとするアマゾンフルーツの冷凍パルプを輸入し、加工販売している。

ジュースやアイス、冷凍ピューレなどに加工したものを量販店、スーパーマーケット、コンビニエンスなどに販売しているほか、外食チェーン、カフェ、レストランなど外食店向けに冷凍フルーツパルプや業務用製品を販売している。

同社製品はほかの飲料に比べ高価格帯だが、アマゾンフルーツの持つ高い栄養価と砂糖・保存料・香料・着色料不使用の特徴を持ち、健康・本物志向の高い消費者を中心に高い評価を受けている。

なお、取り扱うアマゾンフルーツ原料の一部は、「アグロフォレストリー」という農法を使用したもので、アマゾンの森林荒廃地を再生させる効果があることから、直接的に熱帯雨林再生へ貢献することができる。

上場に伴う公募増資で得た資金はCAMTAからのアマゾンフルーツ冷凍パルプの仕入れにかかる運転資金に充てる予定。社名の「フルッタ」はポルトガル語で「果物」「果実」。2つ重ねることで、多様性を示している。

概 要
事業内容 アマゾンフルーツであるアサイーの輸入および販売
本社 東京都千代田区神田神保町 3-3
代表者 長澤誠
設立 2002年11月
上場前資本金 1億6,600万円
発行済株式数(上場時) 100万9,400株
筆頭株主 長澤誠(上場前 46.10%)
公募株式数 100,000株
売出株式数 120,000株(オーバーアロットメント 33,000株)
初値 6,500円(51.5%高)
公開価格 4,290円(12/9)
ブックビル仮条件 4,130~4,290円(121)
ブックビル期間 12月2日~12月8日
引受証券 SMBC日興(主幹事)、みずほ、野村、大和、マネックス、岩井コスモ、東洋、いちよし、エース、SBI
業績推移
売上高 経常利益 1株利益 配当
2013/3 1,674百万円 40百万円 108円 -円
2014/3 2,873百万円 239百万円 329円 -円
2015/3(予想) 3,657百万円 293百万円 182円 -円

 

戻る