gumi(3903) 12月18日、東証に上場。モバイルオンラインゲーム開発・運営

IPO 会社紹介 個別


gumi(3903)が12月18日、東証(所属部未定、1部に決定)に新規上場する。

同社は、情報革命時代を代表する世界No.1エンターテインメント企業になることを経営ビジョンとして、グローバル産業となりつつあるモバイルオンラインゲームの開発・運営に特化して事業展開している。

現在、国内開発子会社3社に加え、アジア(韓国、中国、シンガポール、台湾)、欧米(米国、フランス、カナダ、スウェーデン)に海外開発子会社を設け、複数のゲームコンテンツを開発・運営できる体制を構築。

「Google Play」などモバイルアプリ配信プラットフォーム向け(10月末で17タイトル、累計ダウンロード2,215万件)のほか、モバイルSNS(交流サイト)向けゲームも手掛ける。このほか、他社製ヒットゲームに対し、海外拠点網を活用してローカライズ(言語・内容の現地最適化)し、販路提供や送客などゲームの多国籍展開機能を提供するパブリッシングサービスも。

主要タイトルは「ブレイブフロンティア」(10月末で日本語408万ダウンロード、海外言語版1,378万ダウンロード)。年内に新作アプリ「ソードアート・オンライン コード・レジスタ」を、今冬に「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」を投入する予定。

概 要
事業内容 モバイルオンラインゲームの開発、運営および配信
本社 東京都新宿区西新宿 4-34-7
代表者 國光宏尚
設立 2007年6月
上場前資本金 64億8,173万4,000円
発行済株式数(上場時) 2,866万4,500株
筆頭株主 ジャフコ・スーパーV3共有投資事業有限責任組合(上場前 13.92%)
公募株式数 1,500,000株
売出株式数 10,367,200株(オーバーアロットメント 1,780,000株)
初値 3,300円(変わらず)
公開価格 3,300円(12/9)
ブックビル仮条件 3,000~3,300円(12/1)
ブックビル期間 12月2日~12月8日
引受証券 野村(主幹事)、三菱UFJモルガン・スタンレー、SMBC日興、マネックス
業績推移
売上高 経常利益 1株利益 配当
2013/4 5,515百万円 △1,188百万円 -円 -円
2014/4 11,192百万円 △168百万円 -円 -円
2015/4(予想) 30,972百万円 1,277百万円 31円 -円

 

戻る