今村証券(7175) 12月17日、JASDAQに新規上場。北陸3県が地盤

IPO 会社紹介 個別


今村証券(7175)が12月17日、JASDAQ市場に上場する。証券会社の上場は2006年2月のKOBE証券(現在のインヴァスト証券)以来。

石川県金沢市に本社を置き、富山、福井を合わせた北陸3県に9店舗を展開している。社員は160名。地域密着型の対面営業が中心だが、ネット取引「i√(アイルート)」も手掛ける。

特長は以下の5つ。

(1)独立独歩の経営
ほかの証券、銀行の出資がない資本の独立。新卒者をじっくり育てる人材の独立。コンピューターシステムを自前で構築。

(2)営業店舗の土地・建物はすべて自社保有。

(3)社員教育と情報提供に注力
検定アナリストが6名。北陸地区の上場企業61社を対象にしたアナリストレポートを定期的に発行。

(4)経営活発な新規開拓と預り資産増加で、委託手数料以外の収益を拡大

(5)コンプライアンスの充実
今後の方針はまず、顧客との頻繁な接触と高度な情報提供による差別化を図る。また、多様な商品の開発・提供を行う。株式以外では、投信、EB(他社株転換条項付円建社債)、外債の3つが中心だが、比率の低い投信に力を入れる。そして、ネットへの流出顧客を上回る新規顧客獲得のため、全営業員が新規開拓に全力を挙げる。

概 要
事業内容 証券業
本社 石川県金沢市十間町25番地
代表者 今村九治
設立 1944年7月
上場前資本金 5億円
発行済株式数(上場時) 258万5,000株
筆頭株主 今村直喜(上場前 31.48%)
公募株式数 500,000株
売出株式数 0株(オーバーアロットメント 75,000株)
初値 1,720円(27.4%高)
公開価格 1,350円(12/8)
ブックビル仮条件 1,150~1,350円(11/28)
ブックビル期間 12月1日~12月5日
引受証券 みずほ(主幹事)、東海東京、岡三、マネックス、香川
業績推移
営業収益 経常利益 1株利益 配当
2012/3 1,767百万円 △62百万円 -円 -円
2013/3 2,476百万円 466百万円 131円 5円
2014/3(予想) 4,009百万円 1,575百万円 409円 7.5円

 

戻る