U-NEXT(9418) 12月16日、マザーズに新規上場。映像配信事業、格安スマホサービスなど

IPO 会社紹介 個別


U-NEXT(9418)が12月16日、マザーズに新規上場する。

USEN(4842・JQ)グループのリストラに伴い、個人向けサービス部門(有料画像配信サービス、光回線販売代理事業)が分離独立した格好。独立後は赤字続きだったが、「U-NEXT」ブランドで展開する映像配信事業でのストック型収益逓増モデルの構築、フレッツ光一次販売代理業務などの手数料体系見直しにより収益構造が改善し、2013年12月期に黒字転換を果たした。

フレッツ光の一次代理店としては光通信(9435)に次ぐ2位の販売実績を持つ。「U-NEXT」は多種多様なジャンルの映像作品(8万本超)を月額1,990円で視聴できる動画配信サービス。

近年は、MVNOとしてキャリアからモバイル回線を直接借りて格安スマホサービス「U-mobile」を展開するほか、キャリアから借りたモバイル回線をほかの格安スマホサービス事業者に提供するMVNEの顔も持つ。MVNOサービスの契約者数は9月末時点で5万人、11月で7万人程度になったもよう。

「コンテンツ+固定通信+モバイルの一体提供」を実現し、「全国規模の代理店ネットワークと多様な提携先」を持ち、「成長する映像配信市場とMNVO市場にコミット」している点が強み。

概 要
事業内容 ブロードバンドインターネット回線の販売代理店サービス、MVNOサービス、「U-NEXT」の名称で行っている映像・電子書籍・音楽配信サービス
本社 東京都渋谷区神宮前 3-25-2
代表者 宇野康秀
設立 2009年2月
上場前資本金 1億7,002万円
発行済株式数(上場時) 527万1,200株
筆頭株主 UNO-HOLDINGS(上場前 96.40%)
公募株式数 960,000株
売出株式数 400,000株(オーバーアロットメント 204,000株)
初値 3,950円(31.7%高)
公開価格 3,000円(12/8)
ブックビル仮条件 2,910~3,000円(11/27)
ブックビル期間 12月1日~12月5日
引受証券 大和(主幹事)、みずほ、SBI、岩井コスモ、エイチ・エス、マネックス、東海東京、極東
業績推移
売上高 経常利益 1株利益 配当
2012/12 15,435百万円 △1,101百万円 -円 -円
2013/12 17,897百万円 672百万円 293円 -円
2014/12(予想) 22,544百万円 1,216百万円 164円 -円

 

戻る