マークラインズ(3901) 12月16日、JASDAQに新規上場。情報提供で自動車に特化

IPO 会社紹介 個別


インターネットの活用によって自動車関連の有料情報を提供するマークラインズ(3901)が16日、JASDAQに新規上場する。

2001年1月設立の同社は、同年8月に「自動車情報プラットフォーム」の運営とサービス提供を開始。12月には英語版サービスも開始し、03年2月には米国ミシガン州に、04年9月には中国上海市に、13年7月にはタイ・バンコクに、それぞれ100%出資子会社を設立するなど海外展開にも積極的に取り組んできた。

一方、07年に車載用ECU(電子制御ユニット)電子機器を対象にしたコンサルティング事業に進出。09年には、自動車業界の人材紹介サイト「CAN」を立ち上げて人材紹介サービスも開始するなど、順調に業容を拡大中だ。

自動車の開発、生産、販売には、完成車メーカーのほか、部品、材料、設備・機械、ソフト、運輸、商社など多くの関連企業がサプライチェーンを形成しているが、同社のサービスは、こうした幅広い業種から、現在、約1,700社に利用されている。主力のオンライン情報サービス「自動車情報プラットフォーム」については、契約企業の登録会員数が10年4万6,218人から、11年5万724人、12年5万4,774人、13年5万9,161人と順調な伸びを続けている。

概 要
事業内容 自動車産業に特化したオンライン情報サービス「自動車情報プラットフォーム」の運営
本社 東京都港区赤坂 8-4-14
代表者 酒井誠
設立 2001年1月
上場前資本金 1億500万円
発行済株式数(上場時) 312万1,800株
筆頭株主 酒井誠(上場前 15.44%)
公募株式数 214,800株
売出株式数 97,400株(オーバーアロットメント 15,000株)
初値 3,510円(77.3%高)
公開価格 1,980円(12/8)
ブックビル仮条件 1,780~1,980円(11/27)
ブックビル期間 12月1日~12月5日
引受証券 SBI(主幹事)、SMBC日興、東海東京、岩井コスモ、エース、極東
業績推移
売上高 経常利益 1株利益 配当
2012/12 743百万円 205百万円 33.87円 21円
2013/12 852百万円 242百万円 52.81円 24円
2014/12(予想) 1,045百万円 322百万円 71.02円 28円

 

戻る