GMO TECH(6026) 12月11日、マザーズに新規上場。スマホ向け軸に高成長続く

IPO 会社紹介 個別


インターネット広告のGMO TECH(6026)が11日、マザーズに新規上場する。

同社の沿革は、2006年12月に設立されたイノベックスを端緒とし、09年4月に、現在の親会社であるGMOインターネット(9449)と資本提携。翌月、「GMO SEOテクノロジー」に、そして11年12月から現社名に変更し、順調な業容拡大をたどりながら現在に至っている。

「新たなインターネットの文化。産業とお客様の『笑顔』『感動』を創造し、社会と人々に貢献する」が同社の企業理念。ネット上のプラットフォームである、グーグル(グーグルプレイ、グーグル検索)アップル(アップルストア)、ヤフー(ヤフー検索)を介して、企業と顧客をつなぐ集客事業を運営してきた。

近年は特に、成長トレンドに乗るスマートフォン(スマホ)広告事業に力を注いでいる。主力のスマホアフィリエイトASP事業において、スマホアプリストアでの順位を上げるCPI型リワード広告商品「GMO SmaADリワード」や、スマホアプリ向けCPI型ノンインセンティブ広告「GMO SmaADアドネットワーク」などが高い伸びを示している。

ほかに、PC・モバイル集客支援事業や、スマホアプリCMS ASP事業なども積極的に推進。ハイペースでの増収増益基調を継続中だ。

概 要
事業内容 インターネット広告事業
本社 東京都渋谷区桜丘町 26-1
代表者 鈴木明人
設立 2006年12月
上場前資本金 1,000万円
発行済株式数(上場時) 110万株
筆頭株主 GMOインターネット(上場前 56.27%)
公募株式数 100,000株
売出株式数 175,200株(オーバーアロットメント 41,200株)
初値 13,640円(2.4倍)
公開価格 5,800円(12/3)
ブックビル仮条件 5,000~5,800円(11/21)
ブックビル期間 11月26日~12月2日
引受証券 大和(主幹事)、野村、SMBC日興、三菱UFJモルガン・スタンレー、みずほ、いちよし、岩井コスモ
業績推移
売上高 経常利益 1株利益 配当
2012/12 1,057百万円 125百万円 73.11円 36.55円
2013/12 2,369百万円 184百万円 114.62円 51.58円
2014/12(予想) 2,993百万円 208百万円 125.43円 41円

 

戻る