大量保有報告書から見る個人投資家

個別 概況


“カリスマ投資家”片山晃氏 チャーム・ケアを大量保有

チャームケア(6062) 日足

チャームケア(6062) 日足

11月10日付大量保有報告書で、チャーム・ケア・コーポレーション(6062・JQ)の6.36%を片山晃氏が取得したことが判明した。片山氏はアルバイトでためた60万円で投資を始め、約10年で運用資産を3,000倍以上(=20億円)に増やしたことで知られる“カリスマ投資家”。同氏にショートインタビューした。

――チャーム・ケアは近畿などで介護付き有料老人ホームを展開している。注目した理由は。

「買った後にメディアで言うと相場を作っていると疑われかねないため、個別銘柄について言及を避けている」

――保有銘柄の数は。また、どのぐらいの時価総額の銘柄に投資しているのでしょうか。

「長期保有で14-15銘柄。時価総額で数百億円の銘柄も一部あるが、『市場に価値を発見されていない銘柄』に投資するため、自然と新興銘柄を含めた中小型株になる」

――どのように銘柄をピックアップしているのでしょうか。

「開示情報を一つ一つ丹念に見ている。その中にヒントが隠されている。何か特別なことをやっているわけでも、特別な情報ルートを持っているわけでもない」

――レオス・キャピタルワークスの藤野英人CIOとの出会いをきっかけに、2013年5月にレオス・キャピタルワークスに入社するも、14年6月末に退社されました。

「やはり投資する資金を稼ぐという意味で自由にやりたい。会社にいると自己資金の運用に制約がある。現在はベンチャー投資に集中。14年7月に設立したシリウスパートナーズ名義と個人名義を含めて、既に未上場ベンチャー13社に投資している」

アーキテクツ・スタジオ・ジャパン 個人会員が大株主に

昨年12月に新規上場したアーキテクツ・スタジオ・ジャパン(6085・東マ)。この夏・秋から「溝江昭男」「中谷宅雄」の両氏が買い増し姿勢にあり、直近の保有割合は溝江氏が11.82%、中谷氏も8.50%に上昇している。同社は、建築家に気軽に新築やリフォームについて相談・依頼できる仕組みを提供している。

アーキテクツ(6085) 日足

アーキテクツ(6085) 日足

溝江氏は福岡県の地場トップクラスの総合建設企業グループ「みぞえグループ」の会長。アーキテクツ・スタジオ・ジャパンの加盟店ではなく、今のところ取引関係はないもよう。

一方、中谷氏は同社の会員とみられ、神奈川と東京で開催した建築家と加盟工務店、個人をつなぐイベントに参加したことがあるもよう。同社は全国各地でイベントを開催しており、中谷氏のように株主が立ち寄るケースも少なくないようだ。会社側は「株でどんどん儲けていただき、家の新築、建て替え、リフォームをしてもらえたら」と好循環に期待を寄せている。

戻る