MSCI、7日早朝発表 採用も除外もゲーム関連

個別 概況


コロプラ(3668) 週足

コロプラ(3668) 週足

秋は「指数入れ替えの季節」。29日引けで、リクルートHD(6098)がMSCIに早期採用され、30日引けでは1-3月期決算企業のTOPIX浮動株比率が変更される(ソフトバンク、三菱UFJなどが指数構成ウエート上昇)。そして来週になれば、ラッセル野村プライムやMSCIの定期見直し銘柄も発表される。ここでは、日本時間11月7日早朝発表予定のMSCIに注目。

みずほ証券は24日付で予想レポートを発行した。採用候補がミネベア(6479)ミクシィ(2121・東マ)コロプラ(3668)良品計画(7453)京阪電鉄(9045)。除外候補は大同特殊鋼(5471)グリー(3632)カネカ(4118)ジャパンディスプレイ(6740)DeNA(2432)。ジャパンディスプレイが除外されれば、5月採用から半年での“スピード退場”となるが、それ以上の話題は、採用と除外の各2銘柄ずつ、ゲーム関連が候補に挙げられた点だろう。なお、みずほ証券は同じ24日付で、指数採用候補のミクシィ、コロプラをともに買い推奨。特に、ミクシィの目標株価を254円から一気に7000円へと、30倍近くに引き上げて話題を呼んだ経緯もある。当面、MSCI採用の可否が焦点となろう。

戻る