FFRI(3692) 9月30日、マザーズに新規上場。コンピューター・セキュリティー研究・開発・製品販売

IPO 会社紹介 個別


FFRI(3692)が9月30日、マザーズに新規上場する。

「世界トップレベルのセキュリティー・リサーチ・チームを作り、コンピューター社会の健全な運営に寄与する」との理念の下、日本におけるセキュリティー分野のパイオニアである鵜飼裕司氏が立ち上げた。日々進化するサイバー攻撃技術を独自の視点で分析し、そこから得た知見やノウハウを元に対策製品やサービスを開発、これをクライアントに提供する。

具体的には、ウイルスやスパイウエアなど悪意を持つ「マルウエア」の検知を行ってその攻撃を防御するソフトウエアや、ウイルス感染者が閲覧してもウェブサイトのセキュリティーレベルを維持するソフトウエアなどの開発・販売を手掛ける。あるいは、クライアントのニーズやネットワークシステムの状況に応じたセキュリティー対策の受託開発、出荷前のAndroid端末を預かり検査することでセキュリティーが脆弱な端末が市場に拡散するリスクを極小化するといった各種セキュリティー関連サービスを提供する。

強みは「専門性の高い人材力」と「攻撃者の思考を先読みする技術力」。鵜飼社長を筆頭に、世界各国企業や政府などのリーダーが一堂に会する「Black Hat」など国際的なセキュリティーカンファレンスでの研究発表実績を持つ、世界トップレベルのセキュリティーエンジニアが複数在籍。彼らは、顕在化した需要に基づいて行う「ニーズ型」研究開発ではなく、攻撃者の思考を先回りして将来的に予想される脅威に対抗する「シーズ型」研究開発を手掛ける。

例えばマルウエア検知ソフトの場合、従来技術では過去のマルウエア検出パターンを記憶させ、これに照合することで検知を行うのだが、これでは未知の攻撃をカバーできず、検出パターンの増加に伴ってシステムに対する負荷も増加するという問題点を抱える。一方、同社はマルウエアの構造や動作について仮定を立てることで、既知・未知問わず、マルウエアからの攻撃やセキュリティー脆弱(ぜいじゃく)性を狙った攻撃などからの適時防御を可能とした。

こうして世界最先端の「シーズ型」ビジネスを展開。これまで100を超える危機的なセキュリティー脆弱性を発見するなどの実績が評価されて、米マイクロソフト社からWindows7のセキュリティー機能評価を受託した経験を持つ。

ちなみに社名は「Fourteenforty Research Institute」の略。設立当時はスノーボードで実現されているジャンプが3回転(1080度)だったことから、同社は前人未到の分野に挑戦することを目指して4回転を意味する1440度「Fourteenforty」を冠した。

概 要
事業内容 サイバー・セキュリティー対策製品の研究開発および販売ほか
本社 渋谷区恵比寿 1-18-18
代表者 鵜飼裕司
設立 2007年7月
上場前資本金 1億2,580万円
発行済株式数(上場時) 170万4,000株
筆頭株主 鵜飼裕司(上場前26.69%)
公募株式数 140,000株
売出株式数 193,000株(オーバーアロットメント 49,900株)
初値 4,010円(2.8倍)
公開価格 1,450円
ブックビル仮条件 1,340~1,450円
ブックビル期間 9月10日~9月17日
引受証券 野村(主幹事)、SMBC日興、みずほ、岡三、岩井コスモ、いちよし、丸三、SBI
業績推移
売上高 経常利益 1株利益 配当
2013/3 541百万円 100百万円 37.22円 -円
2014/3 660百万円 172百万円 68.03円 -円
2015/3(予想) 863百万円 192百万円 67.41円 -円

 

戻る