個別銘柄動向(午前) 日本マニュファクチュアリングサービス、アマガサ、ゼネラルパッカーなど

個別


■日本マニュファクチュアリングサービス(2162) 426円〔+46円、+12.11%〕
 カスタマイズ受託生産を本格開始と発表
■アマガサ(3070) ストップ高買い気配
 計画を第2四半期決算を発表
■ゼネラルパッカー(6267) 304円〔-46円、-13.14%〕
 平成26年7月期決算を発表、今期は減収・減益計画
■オカダアイヨン(6294) 1,125円〔+26円、+2.37%〕
 岩井コスモ証券が新規「A」
■アドテックプラズマテクノロジー(6668) 27,700円〔+2,250円、+8.84%〕
 信用規制解除
■ルネサスエレクトロニクス(6723) 1,003円〔+129円、+14.76%〕
 次世代運転システムを公表
■アルプス電気(6770) 1,696円〔-55円、-3.14%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を引き下げ
■フォスター電機(6794) 1,558円〔+8円、+0.52%〕
 野村証券が新規「Neutral」に設定
■横河電機(6841) 1,378円〔+135円、+10.86%〕
 600名程度の希望退職者を募集、UBSでは「Buy」継続
■村田製作所(6981) 10,660円〔-15円、-0.14%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を引き下げ
■ユナイテッドアローズ(7606) 4,010円〔+180円、+4.70%〕
 8月度の全社売上高は前期比104.0%
■マネーパートナーズグループ(8732) 384円〔+73円、+23.47%〕
 引き続き円安好感、新サービスの開始も
■ファーストリテイリング(9983) 34,175円〔+1,010円、+3.05%〕
 8月の既存店売上高は103.8%

※株価は11時08分現在

戻る