概況/寄り付き 東京市場は小幅続伸スタート。建設株は一服

個別


9時8分時点の日経平均は15,366.64円の23.36円高、TOPIXは1,276.11の2.84ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが620万株、買いは750万株と10営業日ぶりに買い越し。

日経平均 週足

日経平均 週足

昨日のNYダウは61ドル高の17,113ドルと反発。5月の住宅価格指数が前月比0.4%上昇と市場予想の0.2%上昇を上回り、6月の中古住宅販売件数が年率換算で504万件と市場予想の499万件を上回ったことが好感されました。

今朝の東京株式市場は続伸スタート。保険や鉱業、精密、非鉄、ガラス土石などが堅調で、空運や海運、情報通信などが冴えない。

個別銘柄では、ソフトバンク(9984)NTT(9432)が小幅安で、昨日買われた浅沼組(1852)熊谷組(1861)が反落、鉄建(1815)も冴えない。

一方、ミクシィ(2121)は信用規制の解除が材料視され、レーザーテック(6920)は上方修正が好感、第1四半期決算を発表したメルコ(6676)も高い。CYBERDYNE(7779)はSMBC日興証券の新規「1」が好感。

戻る