決算発表始まる 30日、31日に前半のピーク 序盤は情報システム企業に注目

個別 概況


3月期決算企業の4-6月期決算発表が週明けから本格化する。

17日に先陣を切って発表した安川電機は4-6月期が想定以上に好調で上半期(4-9月)の予想を上方修正した。

この安川電機に続く形で、期初に出した控えめな予想を見直す企業がどのくらい出てくるのかが注目される。

発表の社数が最も多いのは8月7日(木)、8日(金)だが、前半のピークは7月30日(水)、31日(木)に訪れる。

発表序盤でまず注目されるのは情報システム・セクター。24日にオービック(4684)OBC(4733)、25日に野村総研(4307)が発表する。企業のIT投資意欲回復で業績拡大期待が強い。

パソコン周辺機器のメルコホールディングス(6676)は22日の発表。株価は年初来高値圏にあり、好業績期待が強い。

23日発表の日本電産(6594)は精密モーター大手で積極的な買収戦略で知られる。業績拡大期待から株価は上場来高値を更新している。電産リード(6833)コパル電子(6883)も23日の発表だが、日本電産による完全子会社化で上場廃止が決まっており、今回が最後の決算発表となる。

28日以降は、各業種の代表的な企業の発表が始まる。28日には日産自、29日には、OLC、コマツ、野村証券、30日には富士フイルム、NEC、31日には味の素、新日鉄住金、富士通、パナソニック、ソニー、三菱UFJ、みずほなどが発表する。

主な決算発表予定(7月22日-31日)
銘柄 コード 銘柄 コード
22日(火) メルコ 6676 30日(水) 日軽金HD 5703
23日(水) 日電産 6594 三菱電 6503
航空電子 6807 富士電機 6504
24日(木) 信越化 4063 NEC 6701
オービック 4684 カシオ 6952
OBC 4733 川重 7012
サイバー 4751 三菱自工 7211
JFE-SI 4832 任天堂 7974
日新電 6641 三井住友 8316
ファナック 6954 JR東日本 9020
KOA 6999 ANA 9202
25日(金) カゴメ 2811 スカパーJ 9412
日立化成 4217 31日(木) 日ハム 2282
NRI 4307 味の素 2820
大同特鋼 5471 王子HD 3861
富士通ゼ 6755 住友化 4005
日立キャピ 8586 東ソー 4042
JPX 8697 第一三共 4568
NTTドコモ 9437 ヤフー 4689
28日(月) パナホーム 1924 資生堂 4911
トーエネック 1946 カーボン 5302
JSR 4185 ガイシ 5333
フジクラ 5803 新日鉄住金 5401
日産自 7201 神戸鋼 5406
29日(火) 関電工 1942 化工機 6331
ヤクルト 2267 東芝 6502
宝HLD 2531 富士通 6702
日産化 4021 パナソニック 6752
OLC 4661 ソニー 6758
コマツ 6301 京セラ 6971
日精工 6471 村田製 6981
オムロン 6645 マツダ 7261
ホンダ 7267 富士重 7270
HOYA 7741 ヤマハ 7951
大和証 8601 住友商 8053
野村 8604 三菱UFJ 8306
JR東海 9022 みずほ 8411
JAL 9201 菱地所 8802
30日(水) JT 2914 東武 9001
野村不HD 3231 京成 9009
富士フイルム 4901 郵船 9101
JFE 5411 商船三井 9104
冶金工 5480 日本通信 9424
戻る