話題 “圏央道”開通で物流施設活発化へ

個別


新たな輸送経路誕生でビジネスチャンス拡大

ヤマトHD(9064) 週足

ヤマトHD(9064) 週足

急ピッチで建設が急がれている首都圏中央連絡自動車道(圏央道)のうち、6月28日に東京と神奈川を結ぶ残された区間が開通した。これにより、東名高速と中央道、関越道が直結、この先も順調にいけば2015年度にかけて東北道や常磐道ともつながることから、流通や観光産業などに新たなビジネスチャンスの到来が指摘されている。

とりわけ、新たな輸送路の誕生に伴い、より効率的な物流体制の構築が可能となる。そのため、圏央道沿いに新たな物流拠点を新設する動きが本格化している。物流施設では大和ハウス(1925)三井不動産(8801)野村不動産HD(3231)などが投資を計画しているもようだ。また、配送や倉庫管理ではヤマトHD(9064)のほか、日通(9062)センコー(9069)にも追い風が吹きそう。

GLP投資法人(3281) 週足

GLP投資法人(3281) 週足

さらに、物流系のREIT(不動産投資信託)の対応も加速している。東証REIT市場に上場している日本プロロジスリート(3238)GLP投資法人(3281)などが相次いで物流施設の新設を予定している。物流系のREITにはこのほかに、日本ロジスティクスファンド(8967)産業ファンド(3249)などがあり、今後の動きが注目されそうだ。

なお、物流施設の増加は勢い、倉庫の自動化などで物流機器の需要増にもつながることから、この分野で世界第2位のダイフク(6383)トーヨーカネツ(6369)などマークされそう。

観光産業としては、さがみ湖リゾートの増強計画を発表した富士急(9010)や東京サマーランドの東京都競馬(9672)、さらには箱根に強い小田急(9007)なども恩恵を受けそうだ。

戻る