個別銘柄動向(午前) ディー・エヌ・エー、アスカネット、ビックカメラ、菊池製作所、第一三共など

個別


■ディー・エヌ・エー(2432) 1,438円〔-52円、-3.49%〕
 大和証券が投資判断を引き下げ
■アスカネット(2438) 5,320円〔-530円、-9.06%〕
 平成26年4月期決算を発表、今期は減益見通し
■サトウ食品工業(2923) 2,390円〔+92円、+4.00%〕
 平成26年4月期決算を発表、今期は大幅増益見通し
■ビックカメラ(3048) 754円〔-13円、-1.69%〕
 転換社債150億円を発行
■菊池製作所(3444) 7,650円〔+840円、+12.33%〕
 5日続伸、「ロボット介護推進プロジェクト」補助対象機器に選定
■第一三共(4568) 1,767円〔+32円、+1.84%〕
 みずほ証券が投資判断を引き上げ
■カルナバイオサイエンス(4572) 625円〔+100円、+19.05%〕
 CDC7/ASKキナーゼ阻害薬、米国において特許が成立
■ドクターシーラボ(4924) 3,605円〔+170円、+4.95%〕
 第3四半期決算を発表
■東洋ゴム工業(5105) 873円〔-42円、-4.59%〕
 新中期計画で増資懸念
■愛知製鋼(5482) 376円〔-16円、-4.08%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「UNDERPERFORM」に引き下げ
■TPR(6463) 2,348円〔+105円、+4.68%〕
 いちよし経済研究所がフェアバリューを引き上げ
■オンキヨー(6628) 146円〔+7円、+5.04%〕
 ティアック株を一部売却
■ホーチキ(6745) 670円〔+27円、+4.20%〕
 東海東京調査センターが新規「1」に設定
■日本テレホン(9425) 2,110円〔+400円、+23.39%〕
 上方修正を発表

※株価は11時05分現在

戻る