個別銘柄動向(午前) 住石ホールディングス、ディー・エヌ・エー、ファンコミュニケーションズ、ピックルスコーポレーションなど

個別


■住石ホールディングス(1514) 118円〔+9円、+8.26%〕
 堅調な国内石炭需要から上方修正(当期純利益予想は減額)
■カカクコム(2371) 1,468円〔+59円、+4.19%〕
 野村証券では堅調な業績にもかかわらずTOPIXをアンダーパフォームしていると
■ディー・エヌ・エー(2432) 1,781円〔+146円、+8.93%〕
 クレディ・スイス、SMBC日興証券が投資判断を引き上げ
■ファンコミュニケーションズ(2461) 1,875円〔+128円、+7.33%〕
 3月の売上高は前期比163.6%
■ジェイコムホールディングス(2462) 721円〔-26円、-3.48%〕
 通期業績予想の下方修正を発表
■ピックルスコーポレーション(2925) 786円〔+71円、+9.93%〕
 今期大幅増益見通し、自社株買い
■情報企画(3712) 802円〔+9円、+1.13%〕
 第2四半期業績予想の上方修正を発表
■ダイハツディーゼル(6023) 595円〔+80円、+15.53%〕
 上方修正が好感
■石井表記(6336) ストップ高買い気配
 昨日に続きインクジェット製法による二次電池が材料視
■日置電機(6866) 1,591円〔+62円、+4.05%〕
 大幅増益となる第1四半期決算を発表
■ガリバーインターナショナル(7599) 847円〔+52円、+6.54%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では「OUTPERFORM」を継続
■イズミ(8273) 2,988円〔+90円、+3.11%〕
 大和証券ではレーティング「1」継続
■日本郵船(9101) 285円〔+8円、+2.89%〕
 今期は3割の増益報道

※株価は11時04分現在

戻る