個別銘柄動向(午後) ミクシィ、札幌放送局、シー・ヴイ・エス・ベイエリア、大日本住友製薬など

個別


■ミクシィ(2121) 6,000円〔+510円、+9.29%〕
 モンスターストライクの利用者が500万人を突破
■サッポロホールディングス(2501) 421円〔-3円、-0.71%〕
 JPモルガンが投資判断を「Neutral」に引き上げ
■シー・ヴイ・エス・ベイエリア(2687) 193円〔-11円、-5.39%〕
 通期利益予想の下方修正を発表
■レナウン(3606) 123円〔-6円、-4.65%〕
 通期業績予想を下方修正
■ディー・ディー・エス(3782) 880円〔+150円、+20.55%〕
 ジャパンシステム(9758)との提携が引き続き材料視
■大日本住友製薬(4506) 1,700円〔+51円、+3.09%〕
 通期業績予想を上方修正
■SMC(6273) 26,670円〔-230円、-0.86%〕
 JPモルガンが投資判断を「Neutral」に引き下げ
■堀場製作所(6856) 3,650円〔-45円、-1.22%〕
 SMBC日興証券が目標株価を4,100円に引き上げ
■イマジカ・ロボット(6879) 517円〔+33円、+6.82%〕
 下方修正、自己株式の処分等も、東証1部指定が好感
■マツダ(7261) 474円〔-5円、-1.04%〕
 野村証券では目標株価を690円に引き上げ
■テイツー(7610) 64円〔-4円、-5.88%〕
 通期業績予想を下方修正
■JMS(7702) 299円〔-9円、-2.92%〕
 旭化成メディカルとHDF療法分野で業務提携
■象印マホービン(7965) 369円〔-10円、-2.64%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「B+」→「A」へ引き上げ
■日本プライムリアルティ投資法人(8955) 340,000円〔+7,500円、+2.26%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」に引き下げ

※株価は14時27分現在

戻る