トレックス・セミコンダクター(6616) 4月8日、JASDAQに新規上場。電源用IC専業メーカー

IPO 会社紹介 個別


トレックス・セミコンダクター(6616)が4月8日、JASDAQに新規上場する。

半導体デバイスの開発、販売を手掛ける同社。関連企業は多数あるが、同社は①超小型電源用IC(集積回路)に特化②自社では工場を持たず製造を外部企業に委託するファブレス経営、との特徴を持つ。

電源用ICとは電池やバッテリーから送られる電圧制御に用いられるICのこと。電子機器の安定動作に欠かせない部品で、その用途は、携帯電話やパソコンなどのモバイル機器からカーナビなど車載アイテム、テレビなどの一般家電、スマートメーターやロボットをはじめとする産業機器に至るまでと幅広い。

電子機器の小型・軽量化、低消費へのニーズは引き続き旺盛だが、同社はこれに絶え間なく対応している。ファブレス経営がもたらすリソースの有効活用を進めた結果、他社にはない圧倒的なノウハウと技術を蓄積。加えて、製品ごとに最適な製造委託先を選択することで、市場競争力のある開発を可能とした。一方で、コスト面から他社が難色を示すセミカスタム化にも対応可能な体制を整えるなど、専業ならではの柔軟性が光る。

現在は国内に加えて米国、英国、中国、台湾、シンガポールに拠点を設けて世界中のニーズに対応。加えて近年は主力の「DC/DCコンバータ(電圧または電流を希望値に変換して出力する電源)」や「レギュレータ(出力が一定になるよう制御する電源)」だけでなく、高周波信号のやり取りに使用する「高周波デバイス」や、半導体基板に電子回路などを集積した「MEMS」など、主力製品の周辺デバイスの開発にも注力している。

概 要
事業内容 半導体デバイスの研究開発、設計製造および販売
本社 東京都中央区新川 1-24-1
代表者 藤阪知之
設立 1995年3月
上場前資本金 9億8,478万円
発行済株式数(上場時) 229万2,100株
筆頭株主 フェニテックセミコンダクター(18.1%)
公募株式数 350,000株
売出株式数 352,000株(オーバーアロットメント 105,300株)
初値 4,480円(-10.4%)
公開価格 5,000円
ブックビル仮条件 4,500~5,000円
ブックビル期間 3月19日~3月26日
引受証券 野村(主幹事)、みずほ、中銀、SMBC日興、SMBCフレンド、いちよし、丸三、極東、SBI、日本アジア、エース
業績推移
売上高 経常利益 1株利益 配当
2012/3 9,160百万円 3百万円 △56.42円 -円
2013/3 8,600百万円 444百万円 83.66円 1,500円
2014/3予想 9,270百万円 1,413百万円 616.59円 40円
戻る