NSJ-REITファンド紹介 ジャパンリアルエステイト投資法人(8952) オフィスビル特化型の大型REIT

REIT 個別


ジャパンリアルエステイト投資法人(8952)は日本で最初に上場したREITで、安定した業績推移には定評がある。業態・系列を超えたスポンサー3社のバックアップに特徴。出資比率は三菱地所(63%)、第一生命(27%)、三井物産(10%)となっている。この3社からのサポートとしては、(1)物件取得にかかるサポート、(2)物件の運営・管理にかかるサポート、(3)人的サポート――などとなっている。

JRE(8952) 週足

JRE(8952) 週足

投資対象資産はオフィスビル。対象地域は政令都市をはじめとする全国の主要都市。地域比率では、首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)で70%以上、そのほか地方都市が30%以下となっている。なお、資産規模は8219億4200万円で保有物件総数はは63物件。

予想分配金は今期7580円(前期は15366円)。これは、12月末割り当てで1対2の株式分割を実施したため。これは、NISA(少額株主非課税制度)の導入(上限金額100万円)をにらんで、売買単価を引き下げるのが狙いだった。

ポートフォリオの状況としては、都心23区で全体の76%。地方都市で15%。東京23区を除く首都圏が8.5%などとなっている。

主な投資物件としては、渋谷クロスタワー、東京オペラシティビル、赤坂パークビル、汐留ビルディングなど。

戻る