NSJ-REITファンド紹介 ジャパンエクセレント投資法人(8987) 大都市圏のオフィスビルに投資する総合型REIT

REIT 個別


ジャパンエクセレント投資法人(8987)は総合型REITだが、ポートフォリオの大半(90%以上)は大都市圏のオフィスビル。大都市圏とは東京都および東京周辺地域(神奈川県、埼玉県、千葉県)と政令指定都市。残りの10%がそのほかの商業施設や住宅などとなっている。

Jエクセレント(8987) 週足

Jエクセレント(8987) 週足

投資の際の選定基準としては、オフィスビルについては、延べ床面積が3,300平方メートル以上、基準階の専有面積が330平方メートル以上であること。耐震性は新耐震基準またはそれと同等水準以上の耐震性能を有していること。

外部成長戦略としては、(1)バランスを重視したポートフォリオの構築とともに、(2)資産運用会社のスポンサー企業との協働、ネットワークを活用する。オフィスビル開発などに実績を持ちコアスポンサー(新日鉄興和不動産、第一生命、積水ハウス)などのネットワークをはじめ、あらゆるチャネルを駆使しながら広く投資機会を求めていく。

保有物件数は30物件で主な運用不動産としては、赤坂インターシティ(取得価格281億円)、赤坂ガーデンシティ(同233億円)、大森ベルポート(同225億円)、浜離宮インターシティ(同190億円)など。なお、2013年12月期の決算は2月17日に発表する予定。

戻る