個別銘柄動向(午前) ラクーン、GDO、ティー・ワイ・オー、第一工業製薬、東亜石油など

個別


■ラクーン(3031) ストップ高買い気配
 新事業としてクラウド受発注ツール「CREC」を開始へ
■GDO(3319) 261円〔+37円、+16.52%〕
 通期業績予想の修正を発表
■ティー・ワイ・オー(4358) 196円〔+19円、+10.73%〕
 東証1部に指定
■第一工業製薬(4461) 435円〔+44円、+11.25%〕
 セルロースナノファイバー関連として改めて意識
■第一三共(4568) 1,825円〔-76円、-4.00%〕
 子会社ランバクシーのトアンサ工場に対する米国向け輸入禁止措置
■東亜石油(5008) 192円〔-8円、-4.00%〕
 平成25年12月期業績予想を下方修正
■サムコ(6387) 1,353円〔+113円、+9.11%〕
 いちよし経済研究所がフェアバリューを1,800円に引き上げ
■プラネックス(6784) 736円〔+100円、+15.72%〕
 100万株、7億円を上限に自社株買い
■日東電工(6988) 4,536円〔+281円、+6.60%〕
 シティグループが目標株価を引き上げ
■島津製作所(7701) 959円〔-2円、-0.21%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では「Outperform」継続、目標株価は1,480円
■小松ウオール工業(7949) 2,215円〔-150円、-6.34%〕
 第3四半期決算を発表
■ワキタ(8125) 1,215円〔+17円、+1.42%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「A」に引き上げ
■日本取引所グループ(8697) 2,705円〔-48円、-1.74%〕
 ゴールドマン・サックスが新規「売り」
■スクウェア・エニックス(9684) 1,848円〔+167円、+9.93%〕
 「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」のサービス開始
■ニトリホールディングス(9843) 10,050円〔+90円、+0.90%〕
 円高メリット

※株価は10時54分現在

戻る