ACミラン移籍 本田圭佑選手人気に乗る スポンサー企業などに波及効果

セクター 個別


ロシア・プレミアリーグのCSKAモスクワからイタリア・セリエAのACミランへ移籍したプロサッカーの本田圭佑選手が活躍している。1月15日に行われたコッパ・イタリアとの5回戦では、移籍後初の先発出場で初ゴールを決めたことから、日本国内はもとより欧州でも本田選手への評価が高まっている。スポンサー企業やサッカーゲームを含めて、本田選手に絡む企業群も宣伝効果が大きく注目できそうだ。

ACミランへの移籍前から本田選手への評判は高かったが、今回の初ゴールでは、イタリア紙の「ガゼッタ・デロ・スポルト」も同試合の採点でマン・オブ・ザ・マッチに輝いたチームメートのイタリア代表のジャンパオロ・パッツィーニ選手と並ぶチーム最高タイの「7(最高点は10)」と高評価を与えている。地元での評価も一段と高まっており、活躍が続けば欧州から世界へ向けて人気が一段と高まりそうだ。

エイチ・アイ・エス(9603)は、海外旅行取扱高で2位を誇る。本田選手の活躍でACミランの観戦ツアーが大人気だ。

コナミ(9766)は、サッカーゲーム「ウイニングイレブン」シリーズが絶大な人気を誇る。最新版の「ウイニングイレブン2014」を昨年11月に発売している。

ファーストリテイリング(9983)は、2014年春のユニクロ・ジーンズのキャンペーンに本田選手を起用している。「進化するジーンズ~将来の夢~篇」の出演TVCMも話題となっている。

戻る