個別銘柄動向(午後) キッコーマン、ニッパツ、レオン自動機、不二越、日本シイエムケイなど

個別


■コムシスホールディングス(1721) 1,524円〔0円、0.00%〕
 SMBC日興証券が1,500円に目標株価を引き上げ、投資判断は「2」継続

■キッコーマン(2801) 1,906円〔+14円、+0.74%〕
 野村証券で「Neutral」でカバレッジを再開

■イオンファンタジー(4343) 1,573円〔+5円、+0.32%〕
 12月度の全店売上高合計は前期比 125.8%、既存店は98.6%

■ニッパツ(5991) 1,190円〔-57円、-4.57%〕
 来期最高益更新は難しいとの社長コメントが日経に掲載

■レオン自動機(6272) 677円〔+30円、+4.64%〕
 太陽光発電施設の売電開始を発表

■不二越(6474) 732円〔+17円、+2.38%〕
 大和証券が投資判断を「2」に引き上げ

■横河電機(6841) 1,696円〔+23円、+1.37%〕
 ゴールドマン・サックスが新たにコンビクション・リストに採用

■日本シイエムケイ(6958) 291円〔-33円、-10.19%〕
 子会社閉鎖、国内生産体制の見直し、下方修正を発表

■スズキ(7269) 2,924円〔+14円、+0.48%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を「買い」→「中立」に引き下げ

■三菱UFJリース(8593) 608円〔-3円、-0.49%〕
 ドイツ証券では新規「Hold」

■ジャパンリアルエステイト投資法人(8952) 562,000円〔+5,000円、+0.90%〕
 シティグループが投資判断を引き下げ

■光通信(9435) 8,660円〔-260円、-2.91%〕
 大和証券ではモデルポートフォリオに

■協和コンサルタンツ(9647) 204円〔-21円、-9.33%〕
 平成25年11月期決算を発表、今期は二桁の減益を計画

※株価は14時28分現在

戻る