東証・大証統合から半年 旧大証2部に大躍進目立つ

個別 概況


オカダアイヨン2.8倍高が象徴

昨年7月16日の東証・大証現物市場統合から、ちょうど半年が経過した。この間、とりたててトラブルも生じず、次は、3月24日に予定される、先物・オプションなどのデリバティブ市場統合が焦点となるが、ここでは統合後半年間での個別株の値動きについて振り返ってみたい。

オカダアイヨン(6294) 週足

オカダアイヨン(6294) 週足

市場統合に伴う影響が及んだのは、任天堂、村田製、ロームなど一連の「大証を主市場とする東証・大証重複上場銘柄」と、新日本理化、近鉄百貨店といった「大証単独上場銘柄(名証などとの重複上場を含む)」の2つ。前者については、市場統合後、売買代金などではっきりした増勢傾向(東証+旧大証<統合後の東証)がうかがわれたが、値動きの面で大きな影響を受けたのは、むろん後者だ。

表には、旧大証1、2部銘柄それぞれの「市場統合直前から直近1月15日まで」の上昇率上位15位および下落率上位5位を示した。

これだけ見ると、2部株の健闘ぶりと、1部株の意外な不振が浮かび上がるが、もちろん誤解がある。旧大証1部銘柄は市場統合後、8月末と10月末の2段階方式でTOPIX算入されたが、指数連動資金の買いを先取る形で統合前から思惑買いを集め、相応の水準訂正高を経ていたためだ。こうした特殊要因を含まない2部株の方が、より実勢を反映していると言えるかもしれない。

市場統合直前となる昨年7月13日の日経平均は1万4,506円で、1月15日までの上昇率は8.9%にとどまるが、旧大証2部(160銘柄)のうち、表の銘柄に神島化学、日本コンピューター・システムを加えた計17銘柄が5割以上の急騰。2割以上なら62銘柄に達する。上昇率10%以上は91銘柄だ(権利落ち分を考慮)。もちろん、債務超過の原弘産や、大規模増資発表のJトラストのような急落銘柄もあるが、総じて市場平均を上回る足取りをたどってきた。

元来、大証2部市場といえば、セミプロ投資家主導の“鉄火場”イメージが否めず、一握りの「北浜仕手株」が乱舞する一方、多くの銘柄は薄商いに放置されてきた面がある。例えば、表の値上がり上位銘柄で、統合時点のPERを検証すると、ダイサンが6倍台、オカダアイヨンが7倍台、アスモが8倍台といった具合。不当にディスカウントされていた企業価値が、東証上場で見直された面がある。ほかに東証1部指定への道が開けたことも評価の切り口と言えよう。

なお、これらの中でも際立った急騰(2.8倍高)を示したオカダアイヨンは、好業績の破砕・解体用建機メーカー。東日本大震災の復興需要のほか、この先、2020年東京五輪も視野に首都圏再開発に伴う需要急拡大も期待される。首都圏ビジネスを進める上では、大証2部から「東証2部」に移行したこと自体も追い風に働きそう。PERは7倍台から16倍台に上昇したが、こうした意外な穴株が隠れているのが旧大証2部銘柄の魅力、とも言える。

「旧大証銘柄」の市場統合後の騰落
1部銘柄 2部銘柄
銘柄 コード 上昇率 銘柄 コード 上昇率
錢高組 1811 65.90% オカダアイヨ 6294 179.58%
名村造 7014 62.90% 東邦金 5781 92.86%
小林産 8077 25.09% オリチェン 6380 92.11%
GMB 7214 21.43% アスモ 2654 84.29%
キムラタン 8107 20.00% あかつきFG 8737 83.41%
西尾レント 9699 19.53% 技研製作 6289 80.54%
明星工 1976 19.51% ダイハツデ 6023 74.23%
サトRS 8163 19.50% カネヨウ 3209 70.59%
サンコール 5985 19.20% ダイサン 4750 70.39%
近鉄百 8244 15.87% 大運 9363 67.65%
新日理化 4406 8.20% 玉井船 9127 66.35%
王将フード 9936 7.84% ノザワ 5237 66.21%
虹技 5603 7.22% 音通 7647 61.29%
サノヤスHD 7022 5.26% 丸尾カル 4102 58.54%
セキサン 5273 5.23% ダイベア 6478 52.63%
銘柄 コード 下落率 銘柄 コード 下落率
遠藤照明 6932 -30.17% 原弘産 8894 -28.92%
アプラスF 8589 -20.44% Jトラスト 8508 -26.37%
S・サイエンス 5721 -18.57% カワサキ 3045 -18.86%
新晃工 6458 -17.52% ダイヤ電 6895 -15.58%
穴吹興産 8928 -16.49% 朝日放 9405 -10.19%
※上昇率は昨年7/12と今年1/15の終値対比
戻る