NSJ-REIT ファンド紹介 阪急リート投資法人(8977) 関西圏中心に、商業施設に50%以上を投資する総合型REIT

REIT 個別


阪急リート投資法人(8977)は、オフィスビルと商業施設、およびオフィスビルと商業施設の複合施設に投資する。投資対象は関西圏に50%以上。そのほか、首都圏と全国の政令指定都市およびそれに準じる主要都市。購入した物件は原則長期保有。スポンサー企業は阪急阪神ホールディングス。

阪急リート(8977) 週足

阪急リート(8977) 週足

本REITは商業用区画に重点投資する。

「商業用途区画」とは、事務所、店舗、飲食、アミューズメント、クリニック、学習塾、学校、美容院、貸会議室、ホール、劇場、ホテルおよび娯楽施設などのうち、対価を支払って物やサービスなどの提供を受けることを目的とした人が訪れる区画および物やサービスなどを提供するための補完的区画。

「事務所用途区画」とは、執務することを目的とした区画及び執務のための補完的区画。

「商業用途区画」および「事務用途区画」のいずれにも含まれない区画(住居など)を「その他用途区画」。

なお、平成20年12月1日より、「商業用途区画」にホテルを含むこととし、ホテル用途部分の運用資産全体に対する割合は原則として10%を上限としている。

1口当たりの分配金は前5月期(6カ月)が1万1,806円。11月期は1万2,700円の予定。

戻る